TOEIC 大学別平均スコアから分かる4つのこと。




まずは大学別のTOEICの平均スコアについて書きます。以前TOEIC全体のスコア分布については書いていますので、そちらも参考にしてください。


・上智大学外国語学部英語学科の平均スコア865点

・上智大学比較文化学部の平均スコア856点

・東大院生(文系)の平均スコア800点

・東大院生(理系)の平均スコア703点

・一橋大学大学院法学研究科・法科大学院合格者(未修者)の平均スコア823点

・一橋大学大学院法学研究科・法科大学院合格者(既修者)の平均スコア729点

・東京外国語大学の平均スコア719点

・東京工業大学の平均スコア640点

・獨協大学外国語学部英語学科の平均スコア634点

・立教大学の平均スコア569点

・奈良女子大学の平均スコア550点

・千葉大学法経学部の平均スコア544点

・金沢大学の平均スコア524点

・埼玉大学の平均スコア458点

・広島大学の平均スコア440点前後。

・山口大学の平均スコア414点

・日本大学文理学部英文学科の平均スコア381点

以上、別サイトより引用 URL



以上は大学が公表しているTOEIC IP テストの結果です。

TOEIC IPテストと公開テストの違い
IPテストとでは過去の公開テストの過去問を使用しているので、同じように点数比較できます。


1.TOEICの点数は対策をしなければ伸びない。

この学校別の点数をみてどう思うでしょうか?意外に低いなと思われた方も多いんではないでしょうか。たしかに東大の理系の平均点が703点というのは驚きですね。東大については分かりませんが、多くの国立大学ではTOEIC受験を必須としているようで、それが点数に影響しているのかもしれません。

要するに、受験者全員が勉強してTOEICに臨んでいるわけではないということですね。彼らなら勉強して受験すればけっこういい点数とれると思います。逆に東大生でも対策をしなければ、600点台を取る人もいるってことですね。


2.英語力は勉強を続けなければ落ちる。

あたりまえですが、上の結果に表れています。一橋大学の法科大学院の既履修者の平均点が未履修者の平均点を見てください。既履修者の平均点が未履修者の平均点よりも低いという結果になっています。どちらも合格者の平均点なので同じレベルのはずですが、大学院で2〜4年勉強しないだけでこんなにも差が出るようです。やはり英語は勉強を続けなければ、落ちるわけです。


3.ホントに英語ができる人はTOEICで高得点が取れる。

一方、上智の平均点は他と比べてずば抜けて高いです。上智の外英では授業はすべて英語で行われているようでもちろんその影響もあると思います。しかし、一番の理由は帰国子女の多さです。英語学科に限らず、外国語学科、学校全体で帰国子女を受け入れているので、それが少なからず影響しています。


4.大学では英語はほとんど伸びない。

また、ほとんどの学校ではTOEIC IP のテスト結果を公表しないようにしているようです。理由は、低すぎて公表することにメリットがないから、だそうです。そこで、高校生と大学生の平均点を比較してみます。

・高校生(31,710人)の平均スコア

410点(Listening 241点 Reading 169点)


・大学生(352,635人)の平均スコア

445点(Listening 249点 Reading 196点)


たしかに、高校生と大学生の平均点にほとんど差はありません。しかもこの程度の差ということは約半数の大学は、高校生の平均点を下回っているということです。ちょっと疑問なんですが、TOEIC受ける高校生って聞いたことありませんが、いるんですかね?数字では大学生の1/10いることになっていますが、どんな高校生なんでしょう?

英語クラスに所属する高校生かな?


平均点なんて気にしたところで何にもならないですが、いくら出来のいい学生のあつまる大学でも、TOEICの対策をしなければ点数は低いです。そもそも、英語に頭の出来の良さなんて関係ないので、他人と比較しないことが大切です。







応援クリックお願いします^^








新公式問題集Vol.4(2) 感想・難易度




新公式問題集Vol.4(2)を解きました。




TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)



〇リスニング 91/100



Part1 8/10 難

難です。理由は紛らわしい選択肢が非常に多いから。

やはりこのパートは1,2問間違う可能性があるので気を付けなければなりません。


Part1の特徴と対策





Part2 29/30 普


ほとんどがストレートな問題でした。

対策をしている人なら高得点が狙えるパートです。


Part2の特徴と対策





Part3 29/30 普


特に難しいと感じるものはありませんでした。

もしかすると易だったのかもしれません。


Part3の特徴と対策



Part4 25/30 難


難しいです。

特に最後の2題ほど。

そのほかにも考えされられるような問題もありましたので難にしておきます。







〇リーディング 80/100





Part5 29/30 難


間違えすぎました。ただ、最後のほうの問題が難しいのも確かです。

特に単語が難しい気がします。




Part6 10/12 やや難

難というほどでもないですが、数問気を付けなければならない問題が含まれていました 





Part7 41/48 難


アーティクル問題が難しいです。


この回の問題が本番に一番近いと言われているとおり、SPの最後が他に比べ難しいです。




やはり、DPは簡単なのでSPの最後を飛ばしてDPに取り掛かるというのも手だと思います。







今回は1・2分ほどあまりました。

この回はリーディングが難しいと思います。





自分自身の課題が見えてきました。



文法をどうにかしなければ、900点への道は遠そうです。









*公式問題集レビュウ

公式問題集Vol3 (1)

公式問題集Vol3 (2)

公式問題集Vol4 (1)

公式問題集Vol4 (2)

公式問題集Vol5 (1)

公式問題集Vol5 (2)










応援クリックお願いします^^








新公式問題集Vol.4(1) 感想・難易度



今日は新公式問題集Vol.4(1)を解きました。



TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)



〇リスニング 95/100


Part1 9/10 難

難しいです。最近のTOEICの傾向をしっかりと反映しているいい問題たちです。



正直、2・3問自信がないものがありました。



いつもなら自信持って回答するんですが、今回は単語が難しく数か所聞き逃しました。



これぞ最近のPart1って感じですね。


Part1の特徴と対策







Part2 28/30 難

これまた難しいです。

 
感覚ですが間接応答が多かった気がします。


私は集中できていたので、あまり落としませんでした。


Part2は安定して取りやすいパートなのかもしれません。


Part2の特徴と対策






Part3 30/30 易


これも感覚になりますが、比較的聞き取りやすかった気がします。


私はいつもここで2問くらい落とすので、点数から判断して易です。



Part3の特徴と対策





Part4 28/30 普


スピーチの問題が比較的難しかったです。

最後に行くほど、ちょこちょこそういった問題が出てきますね。


私はスピーチがきたら難しいと思って、身構えるようにしています。







〇リーディング 85/100




Part5 33/40 難


間違えすぎです。特に最後の数問が難しかったです。


時間の制約があると、普段間違えないような問題も間違えてしまうので、見直しは必須ですね。







Part6 10/12 やや難


ほとんどの問題は簡単ですが、私は最後2問を間違えました。


最後2問がちょっと難しめでしたので、やや難です。


Part6は後ろの文まで読む必要がある問題が数問出るので、そういった問題は比較的難しくなります。







Part7 42/48 普



まさしく最近のTOEICという感じがします。



SPの最後の問題が難しく、全体的に読む量が増えています。



DPは最後の1題を除けば簡単です。


ただ最後の1題だけはアーティクルが入っているので、ちょっと難しいです。



やはり、問題は時間配分だと思います。








今回は5分あまりましたが、見直しはしませんでした。


その結果文法でミス連発していました。


見直しの大切さを改めて知りました。




この回は非常に本番に近いと思います。



ぜひ皆さんも解いてみてください!!









*公式問題集レビュウ

公式問題集Vol3 (1)

公式問題集Vol3 (2)

公式問題集Vol4 (1)

公式問題集Vol4 (2)

公式問題集Vol5 (1)

公式問題集Vol5 (2)









応援クリックお願いします^^








TOEIC Part2の特徴と対策



今回はPart2ついて書きます。


特徴

問題数は30問。設問番号で言うと11〜40になります。問題形式は読まれた英文に対する正しい答えを選ぶというものです。英文に対する答えは、3パターン読まれます。要するに、問題用紙には何も書かれていないわけです。私的には、これがこのパートの最大の特徴です。あとの記事に書きますが、Part3/4は、対話・もしくはスピーチに対する答えが印刷されているので、先読みというTOEICならではのテクニックが存在します。Part1についても同様で写真が印刷されているので、ある程度放送される内容が推測できてしまいます。しかし、だからといってPart2は点数が取りにくいというわけではありません。むしろ、TOEICの全パートで一番点数が伸びやすいのがこのパートでもあります。一番大きな理由はこのパートで読まれる英文は比較的短いので、ある程度問題をこなすとパターン化できてしまいます。また、答えが3パターンしかないので、消去法もかなり有効です。


そういった理由から一部のイレギュラーな問題を除き、比較的楽に回答にたどり着くことができます。TOEICビギナーの方で早く点数の伸びがほしい人はPart2から取り組んでみるのがいいのかもしれません。



対策

新TOEIC TEST パート1・2 特急難化対策ドリル [新書] / 森田鉄也 (著); 朝日新聞出版 (刊)

Part1の対策でも紹介した本です。この本だけでPart2の問題が150問含まれています。回答するときのポイントなども書かれているのでお勧めです。ただ、難化対策用とあるように多くの方がミスする問題が掲載されています。さっきも言いましたが、いわゆるイレギュラーな問題です。基本的にこのパートは文頭の言葉(when,whereなど)を聞き取ることが非常に重要になってきます。逆に文頭を聞き取るだけで回答がしぼれてしまうものがほとんどです。ビギナーの方はそこから取り掛かる必要があるので、しつこいようですが新公式問題集をお勧めします。


TOEICテスト新公式問題集 [単行本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (編集); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (編集); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (編集); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)


いくら参考書が優れていると言っても、公開模試に一番近いのは公式問題集です。公式問題集を研究することがまず大切。そして、プラスαで満点講師のテクニックを吸収することが一番いい勉強法だと、私は思います。





応援クリックお願いします^^








TOEIC Part1の特徴と対策



今回からパート別に私がしてきた対策と、そのパートの特徴についてまとめたいと思います。

今回はパート1の特徴と対策です。


形式


写真を見せられそれについての英文が4つ読まれ、その中から正解を選ぶ問題。設問数は10問で、高得点を狙うなら全部得点したいところ。一般的に簡単だと思われがちなパートですが、いつも1・2問間違えてしまうという方も多いのではないでしょうか?数年前までは得点源となるパートだったようですが近年難化傾向にあり、上級者でも落としてしまうこともあります。その理由として一番に挙げられるのは単語でしょう。かなり難しい単語も出題されています。また、読まれる文章が短いこともあり、単語を正確に聞きとる必要があります。単語を知らなければ、正解を導けないというのが現状。

もちろん難化の原因はそれだけではなく、細かい部分の聞き取りが要求されるようになってきました。似ている音を持つ単語や受け身の進行形など。このパートでは問題の種類が大きく分けて2種類あり、読まれる英文の主語が一致しているものと一致しないものです。基本的に主語が一致しているものは易しい問題になります。


対策



新TOEIC TEST パート1・2特急 難化対策ドリル / 朝日新聞出版



著者:TOEIC満点講師
レベル:中級者以上


私はこの参考書を使用してました。というか、Part1の対策本ってあまりないんですよね。今まではそれで何とかなっていたかもしれませんが、これからはますます難化することも考えられるので対策が必要になってきます。その点で、この本はとても優れています。Part1の間違えやすい問題を集めたような感じの参考書です。基礎的な単語は知っていて、問題をこなしたいというときに使ってください。


ただちょっとビギナー向けではないかもしれません。いつも1・2問落としてしまうという方にちょうどいいと思います。


TOEICテスト新公式問題集 [単行本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (編集); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (編集); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (編集); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)


それ以外の方は、公式問題集です。これだけでもPart1の100問分の問題が入っているので十分かと思います。Part1にはここだけしか使われない独特な単語も出てきますので、知らない単語をピックアップするといいでしょう。また、どんな単語が聞き取れていないか知るためにディクテーションもやってみましょう。


*ディクテーションについてはこちらの記事に詳しく書いています


細かい単語を聞き取るには最適な勉強法だと思います。これからTOEICを始めるという方はPart1は得点源にするつもりで勉強してください。たかが10問かもしれませんが、されど10問です。


TOEIC Part1の特徴と対策

TOEIC Part2の特徴と対策

TOEIC Part3の特徴と対策





応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。