TOEIC前日の3つの対策


今回は、前日にやることについて。



1.睡眠時間を前日から調整

TOEICは必ず日曜日に開催されます。つまり、前日は土曜日なんです。


仕事のあるかたは仕方がないですが、何もすることがない人は当日起きる予定の時間に起きましょう。人間起きる時間はなかなか変えられないものです。


当日、何時に起きるかですが、試験は13時から始まります(集合は12時30分まで)ので、3〜4時間前には起きておくべきです。


人間の脳は完全に動き出すまでにそれくらいかかるということが、科学的に分かっています。よって、前日の土曜日も9時くらいには起きておきましょう。



2.前日の勉強

それから何をするかですが、当日と同じ時間で公式問題集を解いてみましょう。ここで時間配分を確認し、TOEIC感覚を研ぎ澄まします。



3.お酒と寝不足は最大の敵


私の場合、前日にすることといえばこれくらいです。これは持論ですが、前日に頭に入れたことは役に立ちませんし、わからないことが出てくるとかえって逆効果です。


そして、その日はお酒は飲まず次の日の準備をして、早めに寝ます。

お酒と寝不足がTOEIC最大の敵です。


私の場合、当日は7時か8時には起きているので、0時には寝るようにしています。睡眠時間は8時間を目安にするといいそうです。

前日にすることは人によって様々だと思います。自分が最高のコンディッションで臨めるように過ごしてください。

最後になりましたが、時計証明写真用意してありますか?当日にこんなことで時間を使うのはもったいないので、今日のうちになんとかしましょう。


*TOEIC試験前の対策

TOEIC1か月前 3つの対策

TOEIC1週間前 3つの対策

TOEIC前日 3つの対策

TOEIC当日 5つの対策

TOEIC直前 5つの対策







応援クリックお願いします^^








タグ:TOEIC 英語 直前

TOEIC1週間前の3つの対策





TOEICまであと1週間...何をやっていいかわからないという方も多いんではないでしょうか?


でも、まだ1週間あります。やれることもたくさんあります。


やらなきゃいけないことも。


1.当日に必要なものの確認


時計

とても大切ですね。教室によってはないところもあります。

受験のしおりには必ず持ってくるようにと書いてありますし、教室にはないものと思って持っていきましょう。

時計は、アナログのほうがいいです。


時間設定がしやすいです。


たとえばpart5を2時5分までに終えると決めている場合、あとどれくらい残っているか一目でわかります。




証明写真


TOEICを受験する際には2枚の証明写真が必要になります。1枚は受験票に貼るやつでもう1枚が予備なんですが、なくさない自信がある方は1枚でも大丈夫。


*特に証明写真は後回しになってしまうことが多いので、忘れないように!!



鉛筆・消しゴム

一番、大切ですね。

ときどき、シャープペンシルで臨んでる人を見かけますが、あれは絶対やめましょう。

なにがダメかというと、機械が読み取れないとかそういう理由ではなくて、シャープペンシルでマークした場合、鉛筆と比べてかなり時間がかかります。


TOEICを受験したことのある人ならわかりますが、上級者でも時間ぎりぎりになってしまうこともあります。3〜4分ほど差が出てしまう可能性があるので、こういった小さな努力から始めてください。


ちなみに私の場合、マーク用のペンを使用しています。

ステッドラー 2mm芯シャープペン Nブルー 925 35-20N / ステッドラー

このペンでマークした場合、鉛筆でのマークに比べ4分ほど時間が短縮されるそうです。


離島でなければ3日で届くので、必要があれば注文しましょう。


次に勉強方法に移ります。



2.公式問題集

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)

1週間前なので、ほとんど方が一度は公式問題集を解いていると思います。これから先は何度も解き直し、ミスをなくしていってください。

解いた回数が本番の自信につながります。


3.金のフレーズ

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ [単行本] / TEX加藤 (著); 朝日新聞出版 (刊)

金フレです。この時期から見直しましょう。直前に金フレを見直すことはすごく大切です。それくらいよく出ます。




今、テスト後に後悔しないくらいに勉強できていますか?


テスト結果を受け取って満足している自分を想像してみてください。



今頑張っておいたほうがよくないですか?


*TOEIC試験前の対策

TOEIC1か月前 3つの対策

TOEIC1週間前 3つの対策

TOEIC前日 3つの対策

TOEIC当日 5つの対策

TOEIC直前 5つの対策





応援クリックお願いします^^








TOEIC1か月前の3つの対策



第184回TOEICまであと1週間です。みなさんは申し込まれたでしょうか?


私はいろいろ忙しくて申し込み忘れましたが、来月の第185回TOEICは受験します。ということは、来月のTOEICまでもあと1か月ちょっとということですね。

ということで、今回から数回にかけて私が直前にやっていることを書きたいと思います。


個人の点数にもよりますが、これから記事にしていくことを実践することで、100点以上点数を伸ばすことのできる人もいると思います。



今回は1ヶ月前にやること




1.公式問題集

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉 [大型本] / Educational Testing Service (著); 国際ビジネスコミュニケーション協会 (刊)


公式問題集の重要性は以前記事にもしましたが、直前こそ絶大な効果を発揮します。

公式問題集はなぜ必要か

1か月前は、TOEIC慣れしている人たちが徐々にTOEIC対策しようかな、と思い始める時期です。初受験の方は、まだ公式問題集を解いてないかもしれません。

ここから1か月間は公開模試の問題形式・時間配分を確認してください。これは初受験の方は必ずやりましょう。


確認という言葉じゃあまいかもしれません。何回も解いて体に染みつけましょう。

なぜここまで言うかというと、初受験の方に限っては公式問題集を繰り返しやることで点数に100点以上差が出てきます。



2.シャドーウイング・ディクテーション・音読

以前の記事でも紹介しましたが、この時期から公式問題集を使ってシャドウイング・ディクテーション・音読の作業をおこなってください。

私の3つの勉強法


公式問題集のリスニングは話し手が本番と一緒なので、この作業で思った以上の効果が得られます。


問題を解く回数の目安ですが今から本番までに忙しい人で4回分、時間のある人で10回以上こなしてください。模試4回分は最低ラインです。



3.単語帳はしなくてもいい

TOEICの対策をするときに単語帳ばかりやる人がいますが、単語帳を見る作業はもっと直前で大丈夫です。そんなことをしているくらいなら、公式問題集で分からない単語をピックアップしていくほうが、よっぽど効率的です。


単語勉強してから〜、とかもなしにしてください。そういう人たちが本番で失敗します。


何度も言いますがTOEICは出る単語が非常に限られていて、出題形式の変わらない試験です。英語力がなくても簡単に点数を伸ばすことができます。


せこいような気もしますが、それで出世・昇給・入社できればもうけじゃないすか?

前も話しましたが、TOEICは非常にコスパのいい試験。努力を評価してくれる試験です。



この試験で人生変わっちゃう人もいるはず。以前記事にしましたがTOEICは英語力ではなく、いかにその人が努力したかを測る試験だと、私は思います。


あなたは目標に見合った努力をしていますか?


最後に...


1ヶ月前というのはほんとうに微妙な時期でもあります。ここで時間を有効に使えるかは個人のやる気にかかわってくる問題です。

ここでもう一度、あなたがなぜTOEICを受けるのか考えてみてください。



*TOEIC試験前の対策

TOEIC1か月前 3つの対策

TOEIC1週間前 3つの対策

TOEIC前日 3つの対策

TOEIC当日 5つの対策

TOEIC直前 5つの対策






応援クリックお願いします^^








TOEICのスコア分布



みなさんは自分のTOEICスコアが上位どれくらいに位置しているかご存じでしょうか?気になっている方も多いかもしれません。


実は、スコア分布はTOEICのホームページで簡単に確認することができます。


toeic total.png

toeic listening.png

toeic reading.png

上の画像はトータルスコア・リスニングスコア・リーディングスコアそれぞれの分布です。


この画像を見ると、トータルで900点以上の人が受験者の約3パーセントいることになります。もうちょっと低いところで見ると、上位10パーセントに入るためには800点とちょっと必要になります。



て言っても、ちょっとわかりにくいですね。そこで、全体を100人として考えてみます。


もし、TOEIC受験者が100人だったら....



1.トータルスコア

46人が平均点以上、54人が平均点以下です。


平均点を超えている人のうち、20人が730点以上を取っています。この村で上位10人に入るためには少なくとも800点以上取る必要があります。

そのうち、3人だけが900点の点数を持っています。



2.リスニングスコア



どうやらこの100人の中では、48人が320点以上を持っているようです。そして400点以上の人は20人いるようです。

しかし、そのうち10人は440点以下なんですね。


残りの10人の内訳を見てみると、2人が450点以下、4人が450〜470点、そして残りの4人が470点以上を持っています。



3.リーディングスコア


実はこの100人の人たちはリスニングに比べて、リーディングで伸び悩んでいる人が多いんですね。


ちなみに、平均点はリーディング:258点、リスニング:315点となっています。

結構、差が出ていますね。次にスコア分布を見ていきます。

2人は90点以下のスコアです。リーディングで上位10人に入るには少なくとも、390点は必要です。


10人の内訳を見ていきましょう。


390点以上持っている人のうち、6人が390〜420点の間です。

ここまででかなり絞られてきました。


残りの分布は、2人が425〜445点、1人が450〜465点、そしてたった1人が470点以上です。



どうでしょう?

これを見てあなたのスコアは低いと感じるか、それとも高いと感じるか。少なくとも、いかにリーディングの点数が出にくいかは、わかってもらえたと思います。


逆に、リスニングは取りやすいということですね。


TOEICの配点



最後ですが...

みなさん、今日が何の日(10月19日)かご存知ですか?

そうです。


今日は我々TOEICファンにとっては大事な日です。笑




さて、何の日でしょうか?





応援クリックお願いします^^








TOEICの点数が伸びない理由B




TOEICの点数が伸びない人に共通することです。
今回が3回目の記事になります。


どんな人が伸びないかというと、自分の勉強法に自信がない人です。何が正しい勉強法か分からず、何から手を出していいか分からない人たちです。



しかし、自分の勉強法に自信がない人にはもっと怖い落とし穴があります。それは、自分の勉強法に自信がないためにいろんな勉強法を試してしまうことです。

これはとても危険です。そういう人は絶対に伸びません。

これはTOEICに限らず英語の勉全体に言えることですが、点数を伸ばそうと思ったら一つの勉強を長く続ける必要があります。

寄り道しちゃだめってことですね。


参考書や単語帳でも同じで、一つの物を続けたほうがいいと言われますが、あれも同じです。そういう時に、一番参考になるのは個人のブログだと思います。私もこのブログで今までどのように勉強してきたかを書いていますが、いろんな人のブログを見ればわかる通り、共通している部分も多いと思います。

私の勉強法



その中から、自分にあったものを選んでください。


英語は伸びを感じるまでに、時間がかかります。自分の勉強法に疑問や不安を感じるという方も多いとは思いますが、それは上級者ならだれでも経験していることです。

逆に言えば、ここで耐え抜いた人だけが次のステップへ進めるのではないでしょうか?









応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。