TOEICの点数が伸びない理由@




最近、私の身の回りでもTOEICを受ける人が多くなってきました。

そしてそれに応じて相談をけることも多くなってきます。


でも、そういう人たちって大抵100時間も勉強していないんです。



ここまで読んで、そんなに勉強できないと思った人は英語を勉強するのをやめたほうがいいです。

TOEIC満点講師のTEX加藤さんによると、TOEICで点数を100点上げるためには1日3時間の勉強を3ヶ月以上続ける必要があります。つまり、100点上げるのに約300時間の勉強が必要。


なぜ、私が先ほど「100時間も勉強してない」と言ったかというと、
英語を勉強し始めた人が伸びを感じ始めるのには約100時間かかるからです。


私は勉強を始めたころは大学の春休み期間でしたので、この伸びを感じるのに2週間かかりませんでした。



大抵、TOEIC高得点の方や語学に長けている人のお話を聞くと、ほとんどの方が最初の数週間は飛ばして勉強されているようで、早い段階で伸びを感じています。


逆に1日1時間勉強する人はどうでしょう?

100時間勉強するのに3か月近くかかってしまいます。



でも、どうでしょう。

この人たちは毎日勉強しているのに、3か月間伸びを感じれていないんです。



英語をやめるには十分な理由です。

「他の人は2週間で伸びを感じているのに、わたしは3か月やっても伸びない」と。


でも、それは人が自分より勉強しているというだけです。1日の勉強できる時間は人によって違います。ですから、私は無理して時間を裂けとはいいません。



人と比べるな。


英語ビギナーで語学の才能なんて関係ありません。

関係あるのは勉強時間だけ。

語学で人と比べるなんてナンセンスです。


これから英語を勉強し始める人は、語学を学ぶということは常に自分との戦いだ。ということを覚えておいてください。








応援クリックお願いします^^








TOEICの点数を上げるための文法対策参考書



TOEICの文法書を紹介します。TOEICで文法といえばPart5にあたります。ここでどれくらい時間が短縮できるかでその後のPart6〜7の出来に大きくかかわってきます。


*参考書について

TOEICの点数を上げるための単語帳

TOEICの点数を上げるための文法書

TOEICの点数を上げるための問題集

TOEICの参考書の選び方



しかし、TOEICのPart5ではただ文法力を高めるだけでは対応できません。これは他のPartにも言えることですが、TOEICの問題を解くには普通に考えられる能力に加えテクニックが必要です。ここPart5では文法力と問題を解くテクニックが必要になります。


TOEIC TEST 文法別問題集 [単行本(ソフトカバー)] / 石井 辰哉 (著); 講談社 (刊)

著者:石井辰哉
レベル:TOEIC600〜990(初・中級者〜上級者)


TOEIC TEST 文法別問題集です。上級者でも満足できる内容になっています。この問題集を繰り返すことですべての範囲をもれなく学べます。

問題形式は旧TOEIC対応ですが、現行のTOEICでも問題なく使えます。それくらいいい問題集です。

私はこの参考書を使いPart5にかける時間を大幅に短縮することができました。高校で使うような文法参考書で文法事項をひきながら使うといいでしょう。

その際の文法参考書は何でもいいです。使い慣れたものを使ってください。

繰り返し使うことで体に文法を染みつけて反応スピードを上げてください。

初心者に一番足りないものはスピードです。特にTOEICではリーディングセクションで時間が足りないことが多いので、このトレーニングは非常に重要です。



1駅1題  新TOEIC TEST文法特急 [新書] / 花田 徹也 (著); 朝日新聞出版 (刊)
新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編 [単行本] / 花田徹也 (著); 朝日新聞出版 (刊)

著者:花田徹也
レベル:TOEIC730〜990(中級者〜上級者)


次は名シリーズ、特急シリーズから「文法特急」とその続編「文法特急2」です。続編といってもつながっているわけではないので、同時に買う必要はないです。

この参考書はTOEIC独特のテクニックを教えてくます。

著者はTOEIC塾(花田塾)経営者、TOEIC満点講師の花田先生です。この参考書を繰り返しやることで、TOEICで高得点を取る人たちがどうやってPart5を解いているか知ることができます。


ただこの本では文法自体を学ぶというよりテクニックを学ぶ感じなので、先に「文法別問題集」をやってください。そういう意味で、初心者には向きません。



*参考書について

TOEICの点数を上げるための単語帳

TOEICの点数を上げるための文法書

TOEICの点数を上げるための問題集

TOEICの参考書の選び方





応援クリックお願いします^^








TOEICの点数を上げるための単語帳




さて、2回目の記事です。


私は実質、5か月ほどでTOEICを400点以上あげました。そうなるまでに行った勉強と参考書、やり方を紹介していきます。




新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990 [単行本] / 神崎 正哉 (著); 講談社 (刊)

著者:神崎正哉
レベル:初心者〜TOEIC860



まず、私が最初に買った参考書です。この参考書ではとてもベーシックな単語から扱っているので、入門としてこれからTOEICを始めるという方にお勧めです。




またこの参考書では1単語に1センテンスの英文がついているので、私はディクテーション(音声を聞いて英語を書き取る訓練。リスニング力と単語力が同時にあがります。)を行っていました。


この本はTOEIC単語を95%網羅しているそうです。通称:出るボ。 著者は信頼できるTOEIC満点講師。




新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ [単行本] / TEX加藤 (著); 朝日新聞出版 (刊)

著者:TEX加藤
レベル:TOEIC730〜990(中級者から上級者)






次に紹介する単語帳は、「金のフレーズ」です。おそらくTOEICの参考書のなかでは一番売れているのではないでしょうか。ほんとによく出ます。

著者はTOEIC満点講師のTEX加藤さん。ただこの本、初心者が手を付けるにはちょっと早いです。


理由は基本的な単語にあまりふれずに書いてあるからです。ですので、これからTOEIC!!という方は「出るボ」からやることをお勧めします。

ちなみに私は金フレをやっただけで75点も点数が伸びました。金フレ強し!!!



*参考書について

TOEICの点数を上げるための単語帳

TOEICの点数を上げるための文法書

TOEICの点数を上げるための問題集

TOEICの参考書の選び方




応援クリックお願いします^^








自己紹介




yuumo.png



名前:yuumo

英語学習歴:義務教育(6年)+2013年2月~現在

TOEIC:915(L:495R:420)

出身:福岡

好きな食べ物:ラーメン

将来:海外で自分にしかできないことをする。





モチベーション維持のためにブログ始めました。まだまだ未熟者ですが、英語力を上げるために日々の英語学習を頑張っていこうと思います。

ほかの人の参考になればと思い、少しずつですが勉強方法の紹介もしていきます。参考にしていただけたら幸いです。

ご意見・ご要望などありましたら、「メッセージを送る」からお願いします。3日以内に返信させて頂きます。


■TOEIC受験歴

400(詳細は不明)   5/2011

   --英語学習開始--   2/2013

685(L:355 R:330) 3/2013

765(L:435 R:330) 5/2013

855(L:455 R:400) 6/2013

840(L:420 R:420) 9/2013 

880(L:485 R:395) 11/2013

865(L:465 R:400) 12/2013(IP)

850(L:450 R:400) 1/2014

     受験放棄     3/2014

915(L:495 R:420) 4/2014



現在、TOEIC915点。まだまだこれからです。ここにきて、TOEICやっぱり難しいなと感じています。

私の中では、TOEICのスコア=英語力×TOEIC力×努力です。自分にはまだまだ努力すら足りていないと思っています。

難しいからこそ時間をかける意味がある...目標はもちろん満点!!何年かかっても必ず達成します^^




応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。