TOEIC模試究極の600問(2) 感想・難易度



TOEIC模試究極の600問(2) 感想・難易度



TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ) [大型本] / ヒロ前田 (著); アルク (刊)




〇リスニング 88/100


Part1 10/10 やや難

迷った問題が数問。


消去法で選んだので正解していますが、正解の根拠がはっきり聞き取れないものが多かったです。


Part1の特徴と対策




Part2 27/30 普


簡単なものはものすごく簡単ですが、この問題集特有の難しい問題が数問。



それを除けば易だと思います。


Part2の特徴と対策





Part3 25/30 難



難しいです。作者がひっかけようとしているのがわかります。



私は聞き取れていても正解が選べないものがありました。



読解力の問題です。


Part3の特徴と対策





Part4 26/30 普


これも簡単なものが多いのですが、数問奇問があります。


今回のリスニングセクションは94〜が満点なのでやはり全体として難しいです。








〇リーディング 80/100



Part5 32/40 難



普通のTOEICよりは確実に難しいです。


この本は復習を前提に作られている本のようなのでしかたない気もします。






Part6 9/12 やや難


ほかのパートと比較して解きやすいです。

このパートは本番に近いと思いました。





Part7 39/48 難



ある意味よく練られている良い問題だと思います。


読む量は少なめですが、しっかり読めないと正解にたどり着けない問題が多いです。





ちなみに、リーディングは正答数92問以上が満点だそうです。笑









*TOEIC模試究極の600問レビュウ

TOEIC模試究極の600問(1) リスニング

TOEIC模試究極の600問(1) リーディング

TOEIC模試究極の600問(2)

TOEIC模試究極の600問(3)














応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。