TOEIC185回 感想・難易度


185回TOEIC公開模試を受験してきました。受験したみなさまお疲れ様でした。

久しぶりの受験だったのと、直前にTOEIC究極の模試600問(本番よりかなり難しいです)を解いていたのもあって、ちょっと感覚がなまっていますが、私の感じた難易度を書きたいと思います。

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ) [大型本] / ヒロ前田 (著); アルク (刊)


今回私はメジャーフォームでの受験でした。

フォームとは?


Part1 易

簡単でした。難問はありません。


少なくともどの公式問題集と比較しても簡単でした。



普段通りなら、1・2問は難し問題が出るんですがそんな感じはありませんでした。



こういう難易度のパートは初心者と中級者で差が出ると思います。


要するに、対策しているかしていないかです。



730以上取りたい人なら、全問正解したいパートです。





Part2 難



難しいです。 最初の方は簡単でしたが、最後の5問くらいで難易度が上がりました。


全体で言っても難易度は高いです。




私も最後の方は消去法で解きました。



合ってればいいんですが、自信ないです。





Part3 難



難しいです。確実にいつもより難しかった思います。


数問聞き逃しました。



あとは引っ掛けみたいな選択肢がいくつか。






Part4 やや難


Part3よりはマシですが、簡単とは言えません。


先読みしてなかったらキツかったと思います。




今回のリスニングは難易度高いと思います。

Part1で確実に取れているかも重要ですね。



私はおそらく、90/100 くらいです。





Part5 やや難




以外に時間がかかってしまったので、やや難としました。


最後10問くらい見直し出来なかったので、そこが心配です。





Part6 やや易



難しいと感じたものはありませんでした。


Part5で時間をかけすぎた分、Part6を終了した時にちょうどいい時間になるくらいですね。


見直し出来なかったので、そこが心残りです。





Part7Sp やや難




ちゃんと読まないと回答に辿り着けない問題がありました。


その分いつもより時間がかかってしましました。




終わった時刻は2時35分頃でした。




Part7Dp 易


今回のリーディングでの最大の得点源です。


DPまで行き着かなかった人は、もったいなかったかもしれません。


DPはもともと時間さえあれば高得点を狙える問題が多いんですが、今回は私が今まで受験した中で一番簡単だった気がします。


DPが終わったのは2時55分でした。





全体的に言うと、リーディングセクションは普段通りの難易度だと思います。



DPは簡単でしたが、その分Part5とPart7のSPが難しかったです。




私のリーディングセクションの点数は 88/100 と言ったところでしょうか。



見直し出来なかったところが心配です。




今回900点を目標に勉強していましたが、おそらく無理です。



今回受験して、900点以上取るためには英文を読むスピードを上げ、見直し時間を確保する必要があると感じました。




今回が今年最後の公開模試でした。



12月にIPテストがあるのでそれで900以上目指します。




このブログの記事一覧






応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。