第187回TOEIC 感想・難易度‐追記あり‐



187回TOEIC受験してきました。いやー、難しかったです。今回の感想を一言でまとめるなら「難しかった」です。個人的に今まで受けた中で1・2を争う難しさでした。正直、途中で逃げ出したいと思うくらい絶望していたので、最後まで解ききった自分をちょっと褒めたいです(笑)

フォームは薄ピンクのメジャーフォームでした。

TOEICのフォームによる違い(マイナー、メジャー)


今回は解くのに必死でほとんど問題覚えていません。かなり失敗した気がするんですが、TOEICは結果が返ってくるまで自分がどれだけ取れているか分からないので、そこにかけてみます。

以下、私が感じた難易度です。

Part1 やや簡単
Part2 難しい
Part3 やや難しい
Part4 やや難しい
Part5 難しい
Part6 普通
Part7 SP 難しい DP 難しい


○Part1

10番迷いました。合ってればいいんですが、自信ないです。ほかの問題は簡単だったと思います。いつも通りだとミスしないので10/10と予想します。


○Part2

難しかったです。今回一番難しかったのでは?

4問くらい自信ないのがあります。このパートは得意なんですが、失敗しました。このパートからメンタル面が崩れて他のパートに影響した気が...

あと、数問聞いていて「あれっ?答えあったっけ?(笑)」となったものがありました。練習不足だと感じました。ツイッターでも皆さんこのパートは難しかったと言っているので、それがせめてもの救いですが、それにしても間違えすぎです。25/30くらいかな、と思います。

...と思ってたんですが、よくよく考えたらPart2って勘で答えた問題って結構当たるんですよね。理由としては設問が3つしかないことや一部聞き逃しても答えを選べたりするからです。25/30っていう数字は勘で答えた問題がすべて間違っていた場合なんですが、多分そんなことはないと思います。

それを考慮すると...27/30くらいですかねー。


○Part3

普段よりは難しかった気がします。ただ、Part2の気分のまま解いていたのでそう感じただけかもしれません。今回先読みはいい感じでした。少し文章を読むスピードが上がったのかなと感じました。自信のないものは3問ほど。27/30あれば満足ですね〜。


○Part4

ここも普段より難しく感じました。先読みがしっかり出来ていたことが救いです。ですがこのパートを解いていた頃から精神状態がヤバく(笑)解いていた問題を覚えていません。焦りすぎてしまったと反省しています。27/30くらいだと思います。


○Part5

難しかったです。このパートでは一部読めば解ける問題が結構出るんですが、今回はそういう問題が少なく、全文読まなければ解けない問題が多かったように感じました。

一方で前置詞なのか接続詞なのか問う問題も出題されていましたが、そういう問題では読まされる内容が難しかったです。前置詞と接続詞を見分けることの出来ない人はここでかなりタイムロスしたと思います。

難しい単語も出題されていました。意味で考えると混乱しそうだったので、分からない問題はきっぱり諦めて次へ進みました。いつも通り取れていれば33/40くらいです。失敗した気はしないのでもう少し取れているかもしれません。ちょうど15分くらい使いました。途中解答欄がずれていて焦りました。


○Part6

普通の難易度でした。数問あとまで読まなければ解けない問題、時制の問題が出題されていましたが慣れている人にとっては比較的簡単だったと思います。1問自信ない問題があったので11/12くらいだと思います。ちょっと丁寧に読みすぎて7分かかりました。


○Part7 SP

難しいです。読む量がかなり増えていた気がします。問題自体も本文をしっかり読まなければ解けない問題が多くありました。終わったのが35分くらいでした。いつもより時間かかったなという感じ。


○Part7 DP

読む量が多かったです。SPに比べると簡単でしたが、多くの方が途中で時間が足りなくなったのではないかと思います。私はいつも5〜10分余るんですが、今日は余りませんでした。最後の大問に取り掛かったのが終了5分前で焦って埋めた感じなので、自信ないです。Part7に入ってちょっと焦って解いていたので、自分がどれくらい取れているのが予想しづらいですが40/48くらいかな、と思います。


合計は、
リスニング:88~90/100
リーディング:84~86/100
くらいかなーと思います。

現状維持もしくは800前半かといったところ。


○反省

今回はホントに自信ないです。英文は急いで読んだつもりでしたが、結果的に時間に追われてしましました。リスニングではPart2のミスを引きずってしまったのが大きな原因です。900は逃したと思います。今回終えて3月の申し込みをしようと決意しました。(笑)フィリピンから帰国した次の日というのがネックですが、どうにか頑張ります。


続きを読む





応援クリックお願いします^^








今日は第187回TOEIC



今日は187回TOEICです。

受験される方は忘れ物と受付時間に気をつけましょう!


○受付時間:12時30分まで。

○持ち物
@受験票
A写真付きの本人確認書類
B筆記用具
C腕時計
*受験票には写真を忘れないようにしましょう!筆記用具は鉛筆おすすめです。シャープペンシルと比べた場合、鉛筆の方が早くマークできます。


○当日にも出来る対策まとめ

TOEIC当日 5つの対策

TOEIC直前 5つの対策



就活生は今回が就活で使える最後のTOEIC、来年社会人の方は会社に受けるように言われているのかもしれません。みなさんいろんな思いがあるでしょうがTOEICは努力を裏切りません。今までしっかりと対策を行ってきた人にはちゃんと答えてくれます。

最後まで諦めず頑張りましょう!


187回TOEICの難易度・感想は午後6時頃UPしたいと思います。




応援クリックお願いします^^








TOEICテスト超リアル模試600問TEST2 感想・難易度



TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)

新品価格
¥1,890から
(2014/1/8 22:05時点)





TOEICテスト超リアル模試600問の感想・難易度です。今回はTEST2になります。まず、解いてみた結果から。


Part1 10/10 簡単
Part2 29/30 やや難しい
Part3 25/30 やや難しい
Part4 21/30 難しい
Listening 85/100
換算点:465/495

Part5 39/40 簡単
Part6 11/12 簡単
Part7 SP 20/28 難しい
 DP 15/20 難しい
Reading 85/100
換算点:455/495

合計:465+455=920

*参考までに私の直近の公開模試の結果は880(L:485 R:395)です。


リスニングは10ミスまで満点なようです。換算点はちょうどいいくらいだと思います。問題に関してもかなり本番に近いと感じました。究極の模試600問のほうを解いていたときは、奇問が多く点数が出にくいと感じていましたが、こっちの模試は実際に本番に出る可能性のある難しい問題が出ているといった感じ。解説も詳しく書いてあるので、満足しています。難点といえば模試のサイズですね。本番と違うので変なところで改行があったり、文字が小さかったり、ページをめくる回数が多いなどの問題があります。リスニングではページをめくる回数が多いほど、先読みがしやすくなるので本番よりちょっと楽だと思います。


○Part1

圧倒的に本番より簡単です。迷った問題がひとつもなく消去法も使いませんでした。ただ、TOEIC本番でもこういうことはよくあります。そういうときは他のパートが難しくなるんですが、この模試の場合も同じでした。TOEICのことをよくわかっている著者にしか書けない問題集だと思います。


○Part2

本番より難しいと思います。他のパートでもそうですが、TOEICではよくある引っ掛けなどが豊富に盛り込まれています。そういったことを含めて勉強したいという人は、公式問題集とこの問題集をやればある程度は学べます。よく聞いていないと間違えてしまう良い問題たちです。


○Part3

難しいです。Part4にも言えることですが、「話されている内容には合っているが正解にならない選択肢」がたくさんあります。ちゃんと聞けていないと解けない問題たちです。かといって傾向からは外れていないので、またそこがすごいと思います。本番で出ると確実に難しい部類なので、上級者向けの問題集かもしれません。


○Part4

めちゃくちゃ間違えました。本番では27/30くらいは取れるんですが、それに比べ間違えが多いです。どう難しいかはPart3とほとんど同じで、選択肢がうまいです。換算点も今回はちょうどいいんじゃないかと思います。




一方で、リーディングは8ミスまで満点です。シングルパッセージが難しく感じました。その影響で時間が足りなくなり、ダブルパッセージも失敗したという感じです。シングルパッセージはかなり難しいと思います。その分他のセクションが簡単なんですが、換算点が10ミスまで満点としているところを見ると、全体でいうとかなり難しいようです。公開模試では全問正解で満点が普通なので、やはり上級者向けの問題集です。個人的に練習では間違ってなんぼだと思っているのでちょっと難し目の問題集を使う方がいいと思います。それをふまえるとこの問題集は780〜の人向けです。



○Part5

簡単です。私が今まで解いた問題集・公開模試のPart5の中で一番点数がよかったです。ただ、ある程度の文法レベルは問われています。簡単というのは難問がないという意味です。本番だともうちょっと難しいレベルの問題が含まれています。時間は15分ほどかかりました。


○Part6

簡単でした。このパート独特のあとの文まで読まなければ解けない問題が数問出ていますが、慣れている人にとってはそんなに難しくないと思います。ただ、思った以上に時間が取られて7分ほどかけてしまいました。普段は5分で終わらせているのでちょっと時間がかかっています。間違えたのは最後の問題です。


○Part7

SPがとても難しいです。前のパートが簡単な分ここで一気に難しくなっています。結果的にSPに時間をかけすぎてDPまで響いています。今回は時間はあまりませんでした。最初はいい調子だったんですが、アーティクル問題で崩れました。難しいんですが傾向が外れているわけでもなく、読む英文の量も本番と同じくらいで「良問」と言える問題集だと思います。


応援クリックお願いします^^








TOEICテスト超リアル模試600問TEST1(リーディング) 感想・難易度



TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)

新品価格
¥1,890から
(2014/1/8 22:05時点)





TOEICテスト超リアル模試600問TEST1の感想です。まずは全体の得点から。

Part5 33/40 やや簡単
Part6 12/12 簡単
Part7 SP 24/28 やや難
    DP 18/20 普通

TOTAL:87/100
換算点:440/495

*問題集の換算点があてにならないという人は私の点数を参考にしてみてください。私の直近の公開模試の点数は880(L:485 R:395)です。

Part5

難問はありません。普通の人なら公開模試より点数が出ると思います。私は文法が苦手ということもあり良くも悪くもない点数しか取れませんでした。Part6・7の伸ばし方はなんとなくわかっているのですが、このパートはどのように点数を伸ばしていいのか未だにピンときません。ある意味安定しているんですが、次の課題はPart5になるのかもしれません。


○Part6

一問間違う寸前で気づきました。その問題はちょっと難しいかもしれませんが、その他は簡単です。800点位を目指すなら全部正解したいところです。


○Part7

SPがちょっと難しい気がします。アーティクル問題は簡単ですが、その前の大問が読んでいても中々頭に入ってきませんでした。今回10分以上あまったので見直しをしたんですが、2箇所書き直してどちらも間違えてしまいました。見直しの時はマークミスを直すぐらいにしておいた方がいいのかもしれません。DPについては読む量が少ないです。ですが簡単とは言えないので難易度は普通にしました。



Part5・6に関しては本番よりも簡単に感じましたが、全体で考えると公開模試並の難易度だと思います。特に奇問も少なく公開模試に近い模試だと思います。ただ、一点だけ気になる点がありました。Part5の答えに関わる単語が他のPartで使われています。私が普段気づかないだけかもしれませんが、公開模試ではこういうことはあまりないと思うのでそこだけ気になりました。

あとは私はあまり気になりませんでしたが、この模試の大きさは本番よりも小さいです。公式問題集などが同サイズなことを考えるとそこはちょっとデメリットです。


TOTALSCOREは490+440=930でした。今回解いたTEST1では2問ミスまで満点扱いになっています。普段の私は換算点:440も取れないのでちょっとこの換算点は甘い気がします。リスニングの時もそうでしたが、この本全体で若干甘いのかもしれません。




応援クリックお願いします^^








TOEICテスト超リアル模試600問TEST1(リスニング) 感想・難易度



TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)

新品価格
¥1,890から
(2014/1/4 15:10時点)






TOEICテスト超リアル模試600問TEST1のリスニングセクションの感想です。時間がないのでリスニングだけやりました。問題集のうらについている換算点があてにならないという人は私の得点を参考にしてください。これくらいのやつならこんくらい取れるという感じで。私の直近の公開模試の点数は880(L:485R:395)です。


先に得点と感じた難易度から、

○Part1 9/10 普通
○Part2 29/30 普通
○Part3 26/30 やや難
○Part4 22/30 難

TOTAL:86/100
換算点:490/495

難易度は公開模試との比較です。まず全体の感想からいうとよくできています。本番にそっくりだと思います。Part4にはやや疑問がありました(本番よりかなり難しい気がします。)が、その他のPartは本番くらいだと思います。(Part3はやや難し目です。Part2も若干難しい気がしましたが許容範囲でした。)ただ、ディレクションを読むスピードが遅いです。一瞬、0.8速のボタンを押してしまったかと思うくらい遅かったです。先読みがしやすいのではないかなーと思いました。

Part4に関しては自分が如何に設問をしっかり読んでいないか分からされました。読まれる英文はほぼ理解できていたんですが、それでも間違えてしまう設問たちです。単に集中力が足りなかったせいかもしれませんが、TOEIC本番でも出そうな引っ掛けが集まっている気がします。

換算点に関してはちょっと甘い気がしました。なんと13問ミスまで満点なようです。(笑)まあ、確かに本番よりは難しいですが、もうちょっと厳しくていいと思います。


ところどころでイディオムがキーワードになっている問題がありました。私はそういった問題で落としています。イディオムは聞き取れても中々意味が思い浮かばないので注意が必要です。今回私は14問ミスでした。模試は間違えを正すことで次につなげていくものだと思うので、しっかり復習していきたいと思います。




応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。