ブログの近況報告(その他あり)



ブログを始めて2ヶ月半という中途半端な時期ですが近況報告させて頂きます。



なんで今回報告させてもらおうと思ったかというと、昨日初めてブログのPVが1000を超えたからです!!(1日に1000ページ見られています。)



正直、ブログをやっていない方にはぱっとしない数字とは思うんですが、ちょうど1ヶ月前の4倍です。TOEICブログなので、TOEIC公開模試があるとPVも一気に伸びるんですが、昨日は全く関係ないのでちょっと驚いています。

ほぼ毎日更新してきたんですが、実際大変なときもありました。そんな中でのこの伸びは結構嬉しい変化です。^^


一気に伸びた理由としてはおそらく大手検索サイトです。(Yahoo!、Googleなど)最近ではこのブログを見てくれる人のほとんどの方は検索から来ていただけるようにまでなりました。


ちょっとずつですが自分の書いているブログが検索されるようになってきて嬉しく思っています。^^同時にもっとマシな内容書けるようにしないとなーと思ったり(笑)





ここまでだと単に嬉しかったことの報告になってしまうんですが、これを機会にちょっと記事の内容についてのご要望(?)みたいなものをお聞きできたらな、と思います。

実はこのブログ、検索されている言葉としては「TOEIC関係の言葉」の次に「外国人彼女」などのワードが多いようです。記事の比率で言うと、50:1くらいの割合なんですが、その割に多いです。需要あるんですかね?(笑)基本的に彼女のこと書くにしても、英語関係にしようと思っていたんですが、そのほかで「これ知りたい!!」とかあるのであれば、それについても書こうと思います。メッセージください^^


こんな文章力のないブログを見てくれている人にはホントにいつも感謝しております。これからはもっとマシなこと書けるように頑張っていこうと思いますので、末永くよろしくお願いします。






応援クリックお願いします^^








TOEIC187回受験票が届きました。


DSC_0252.gif


187回TOEICの受験票がやっと届きました。ETSから発送のメールが来てから実に16日後(笑)まあ、電話をかけずに済んでよかったです。こんなこともあるんだなと今回学びました。

受験会場は「東洋学園大学 本郷キャンパス」

一瞬、「東京大学 本郷キャンパス」に見えてしまったのは私だけではないはず。(笑)どっちにしても遠いんですが...受験を重ねるにつれてどんどん行きづらい場所になっているような気がします。前回の会場は和民系列の高校で「郁文館夢学園」ってとこでした。ここがまた最悪で、机が小学校で使うようなやつでした。TOEICは結構場所とるのでそれだけで、大変な思いをしました。


今回は初めての会場ですが大学なようなので、机は前回よりも大きくなることが予想されます。ただ、広い会場になる可能性が高いのでそこだけが心配です。





応援クリックお願いします^^








センター試験とTOEICの相関関係(換算表有り)



平成30年度以降に予定されている大学入試改革について、TOEICや英検などの英語資格試験を大学入試センター試験に活用する特例措置を、予定より前倒しして導入する方向で文部科学省が検討していることが30日、同省関係者への取材で分かった。高校在学中にTOEICなどで高得点をとれば、センター試験の英語の得点を満点とする方針であることも判明。年明け後の中央教育審議会で議論される見通しだ。

 関係者によると、特例措置の導入は、一発入試型のセンター試験ではなく、何度でもチャレンジできる資格試験を活用することで、生徒の日常的な学習意欲を高める狙いがある。

具体的には、英語教育で国内外から評価の高い国際教養大学(秋田市)が実施している取り組みを参考に、例えば高校在学中にTOEFL(iBT)71点以上、同(PBT)530点以上、TOEIC780点以上、英検準1級以上の得点や資格を取得すれば、センター試験の英語科目を満点と換算する案が浮上している。ただし「点数や導入時期などは中教審で議論される」(関係者)という。
以上、MSNニュースより引用 URL





最近世間を騒がせているTOEICとセンター試験の問題です。


TOEICなどの資格試験である程度の点数を取ることでセンター試験が免除(満点)になる可能性があるようです。そこで何が問題になっているかというと、TOEICとセンター試験の点数における相関関係です。今のところTOEIC780点でセンター試験が免除(満点)になる可能性が高いようです。


ここで、TOEIC780点とセンター試験満点(200点)とどちらが難しいかですが、圧倒的にセンター試験満点のほうが難しいです。



私は塾講師をしているので、センターの問題を解く機会が多くあるんですが、満点はなかなか取れません。時間はかなり余裕持って解けるんですが、どうしても発音・アクセント問題や読解問題で1問くらい落としてしまいます。読解問題は1問6点だったりするので、発音・アクセントで数問間違えるとして190くらいが妥当です。

TOEICとセンター試験は測る能力と語彙の種類が大きく異なるので単純比較はできませんが、TOEICで何点くらい持っている人がセンター試験で満点が取れるかというと、おそらくTOEIC930〜950点ではないでしょうか。



ただ、これはTOEICを十分な対策をしてセンター試験を対策なしで受けた場合の話です。対策せずにTOEIC800とか取れる人ならセンターで満点取れるでしょうし、TOEIC880の私でさえ、センター試験の対策をしまくれば、センター試験満点取れるかもしれません。


センターTOEIC換算.png


上の表は各大学のIP試験の結果と各大学の合格者のセンター試験平均点から私が勝手に作った換算表です。(*普段TOEIC対策をしている人が対策無しでセンター試験を受けるという前提です。)最初は適当に作っていた表ですが今見ると大体こんな感じになるのではないかなと思います。



この表をもとに考えると、今回問題になっているTOEIC780点はセンター試験では175点前後に当たります。この点数に対してネット上ではいろいろ言われていますが、私は個人的にこの換算制度に賛成です。上に載せた記事にも書いてあるように、国はこの制度の導入で高校生の英語学習を習慣づけることを狙っているようです。実際、高校生がTOEIC780点取ろうと思えば、よっぽど出来る人で半年はかかるでしょう。そこで、その努力はセンター試験満点に値するということです。


正直、この制度が導入されたところでどれくらいの高校生がチャレンジするかはわかりませんが、実際私のようにTOEICがきっかけで英語を勉強するようになった人も少なくはないと思うので(笑)これを期にTOEICの需要が高まればいいのではないかと思いました。



*上の表についてですが、逆の場合(センター試験対策を十分にして、TOEICに臨んだ場合)、ほとんどTOEICで点数が出ないのではないかと思います。個人的に、TOEIC>>>センター試験なので。

大きな理由としては、語彙とリスニングです。TOEICで出題される語彙はセンター試験で見ることのないものが多く含まれています。逆に言えば、TOEICに出題される単語を100%知っていれば、センター試験で知らない単語が出ることはほぼ無いと思います。(もちろん感情に関わる語やネガティブな単語は出題されますがそんなに難しい単語は出ません。)

次に、リスニング。TOEICでは200問中100問(1/2)をリスニングが占めています。一方で、センター試験の場合は1/5です。日本人にとってどちらが難しいかと言うと、圧倒的にリスニングなので、センター試験に慣れている(リスニング対策をあまりしていない)高校生はTOEICで点数が伸びづらいと思います。

TOEIC sennta.png


某サイトに載っていた情報をもとに表にしてみました。やはり、センターで高得点を取っている高校生でもTOEICでは中々点数が伸びないようです。

自分でこんな表を作っていてこんなこと言うのもあれですが、正直こんな表あてになりません。TOEICもセンターも所詮ペーパーテストなので対策さえすれば、簡単に実力以上点数が出てしまいます。実際私はセンター試験130点くらいだったのに9ヶ月勉強しただけで、TOEIC880まで上がっています。要は努力次第ってことです。



応援クリックお願いします^^








TOEICの受験票が届かない



みなさんは187回(1月12日実施)TOEIC申し込まれたでしょうか?

ほとんどの場合、2週間以上前に発送されるのでそろそろ手元に届いているころではないかと思います。それ以上経って、メールが来ないときやメールが来てしばらく経っても受験票が届かないときは、受験票の行方を心配してもいいかもしれません。笑 今回は直前になっても受験票が届かないときの対処法について書きます。



まず、なぜ今回こんな記事を書こうと思ったかというと....


私の手元にまだ受験票が届かないからです。(*本日は1月3日でごさいます。)


TOEICまで10日を切っております。しかし、届かない。こんなの初めてです。

正直、受験票がいつ届くかなんて気にも止めていなかったので、こんなにギリギリになってようやく届いてないことに気づきました。最初は申し込みし忘れたか?とちょっと自分を疑ってみたんですが、受験票発送のお知らせは届いているので、間違いなく申し込んではいるようです。

メールを見ると発送日は12月20日...2週間もいったいどこをさ迷っているのでしょうか。笑




そこで、TOEICホームページを見てみることに。以下、抜粋です。




受験票が届かない場合は、受験票未着問い合わせ期間内に必ずご本人が(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBC試験運営センターにご連絡ください。


受験票未着を理由とした「試験日の変更」「受験料の返金」は承ることができません。
また、未成年者の保護者からの問い合わせは、受験者の保護者であることを確認後、お申し込み時の連絡先に電話にて回答いたします。
※ 試験当日は回線が混み合います。できる限り平日にお問い合わせください。



お問い合わせ電話番号 TEL:03-5521-5909

受付時間 平日(土・祝日を除く): 10:00-17:00、試験当日:8:30-10:30





つまり、届いてなければ電話しろってことですね。理解しました。


しかし、困ったことに受験票未着の問合せは試験一週間前にしか受け付けていないようです。私の場合は1月6日までですね。まだ届く可能性があるから待てということでしょうか。2週間も遅れておいて、これから届く気がしないんですが...


まあETSにそう言われてしまえば仕方ありません。TOEIC受験生は逆らえないので。笑



受験票未着の場合は早めに気づくことが大切ですね。ギリギリに気づいてしまうと大変です。あんまり大したことは書けませんでしたが、受験票が届かないことも希にあるようなので、慌てず電話をかけましょう!!


応援クリックお願いします^^








今年のブログの方向性



年が明けました。みなさん、あけましておめでとうございます。


今年は途中、TOEICを受験できない時期がありますが、ブログは続けていきたいと思います。せっかくブログを始めたので、今年はもっとブログを通していろんな方々と関われるといいと思います^^

基本英語学習は孤独なものと思っていましたが、ブログやツイッターでコメントやメッセージをいただけるようになり、そうでもないなと思うようになりました。

今年はもっと積極的に他のTOEICerさんと関わっていこうと思います。




このブログを始めて2ヶ月半ほど経ちました。ブログを作った当初はTOEICを中心に書こうと思っていたんですが、TOEIC毎回受験しているわけではないので、最近は日常の英語学習について書くようになりました。

今後もそういうスタンスで続けていこうと思うんですが、今年は「フィリピン留学」「外国人の彼女」「院試と英語」「TOEIC」「TOEIC SW」「TOEFL ITP」「英検」などの話題が中心になりそうです。




私の一つの目標として、リーディングスピードを上げるというものがあります。先日WPMを測定しましたが、それでますます燃えてきました。一気に測定してしまうのももったいない気がするので毎月1回ずつ測定して、勉強時間のグラフと共にUPしていきたいと思います。(*先月は157でした。)


今年が皆様にとっていい年になることを心から願っております。今年もよろしくお願いします。


応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。