通訳案内士の英語筆記試験がTOEICで免除



観光庁はこのほど、2014年度の通訳案内士試験から、TOEICスコアを英語筆記試験の免除対象に追加すると発表した。同庁によると、国家資格として初めてのTOEICとの連携となるという。

免除対象となるのは、TOEICテスト(公開テスト)で840点以上、TOEICスピーキングテスト(公開テスト)で150点以上、TOEICライティングテスト(公開テスト)で160点以上のいずれかを獲得した人となる。

観光庁によると、2013年度の通訳案内士試験では、20代以下の受験者は全体の約18%にとどまっているという。同庁は今回の措置により、通訳案内士試験が学生をはじめとした若い世代がより受験しやすいものになるとしている。

以上、gooニュースより引用 URL




通訳案内士の筆記試験がTOEICやTOEIC SWのスコア提出で免除になるようです。一番驚いたのは「TOEIC SW」という点です。マイナーな試験と思っていましたが、だんだんと広がりつつあるようです。

上の記事にも書かれているように、「若い世代に受験を促すこと」が目的のようです。実際私もこの記事を読んだときちょっと受けてもいいかなーと思いました。(笑)ただ、調べてみたところ、一次試験には英語の他に地理・歴史・一般知識を問う問題がでるようです。それと当然二次試験には面接もあります。

TOEICの点数を持っていたところでまだまだやることがあるのは確かですが、通訳案内士の敷居が低くなったのも確かです。それだけで就職の役に立つことはないですが、いちよ国家資格なので持っていて損はないと思います。この資格を持っている人の多くは主婦の方で、家事をしながら副業で仕事を受けている人がほとんどなようです。


元々の筆記試験のレベルが分からないのではっきりとは言えませんが、この基準の「TOEICテスト(公開テスト)で840点以上、TOEICスピーキングテスト(公開テスト)で150点以上、TOEICライティングテスト(公開テスト)で160点以上」はかなり高いと思いました。その割にこの資格を持っているからと言って、仕事がもらえるわけではなさそうなので、コストパフォーマンスで言うとあまりよくないのかもしれません。






応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。