英語学習にTwitterがおすすめな3つの理由


説明するまでもないですが今回はTwitterを紹介します。みなさんも一度はアカウントを作ったことがあるのではないでしょうか?スマホが普及してからFacebookやtwitterなどのSNSを使用している人の割合がかなり伸びているようです。FacebookとTwitterはもちろん機能に大きな違いがありますが、その違いの一つにTwitterはアカウントを複数作ることが出来るということがあげられます。

さて、ツイッターと英語学習がどのように関係しているかですが、直接的な関係は全くありません。ツイッターを始めたからといって英語が伸びるなんてことはもちろんないです。英語を勉強するためにあったらいい程度かもしれませんが、今回はTwitterの英語学習者にとってのメリットを紹介します。


1.TOEIC公開模試の直後に回答がつぶやかれる

英語学習を継続している人の多くは一度はTOEICを受験した経験があると思います。一度受けてみればわかるんですが、テストを受けてから結果を受け取るまでの3週間(ネット発表)は結構ながく感じます。昔は可能だったんですが、現在はネット上での答え合わせは原則禁止されているので、ネットで検索して答えに行き着くことは少ないのではないかと思います。

答えを掲載していないこのブログのアクセス数でさえもTOEIC直後は普段の4〜5倍になります。そういったときにどんなワードで検索されているのか確認すると「解答」「難易度」などがとても多いです。難易度は検索すればわかると思いますが、解答にありつけることは少ないのではないかと思います。

そこでそんな人におすすめなのが「Twitter」です。私のフォロアーの中には多くのTOEICERの方々がいるんですが、公開模試の直後にツイートを覗くと、試験の難易度や解答をつぶやいていることがあります。もちろん全部ではないですが、ある程度自分がどこで間違っているのか分かってしまったりもします。ネットでTOEICの解答を探すよりもTwitterでアカウントを作ってしまうほうがよっぽど効率がいいです。


2.Twitter上のToeicerは異常にレベルが高い。

Twitterで英語アカウントを持っている人の多くはTOEIC900点以上です。TOEIC900点以上となると全受験者の2%くらいにあたるんですが、これがTwitter上だと50%くらいです。(笑)正直なところ800点くらいとってしまうと周りには張り合える人がいなくなってしまうという人が多いのではないでしょうか?そんな人でもTwitter上では平均以下となってしまうので、改めてもっと上を目指そうという気持ちにもなれます。それに、英語を勉強している人たちのツイートは有益なものが多いです。少なくともTOEICの申し込みを忘れることはないです(笑)

あんまり高得点が多いと言い過ぎると、そうでない人がアカウントを作りづらくなってしまうかもしれませんが、高得点じゃないからこそそういった人の中に入るべきだと思います。現にそういった方もいっぱいいますし、現時点で満点を取っている人が最初から高得点だったわけではないです。点数に自信がない人も高得点保持者のなかに入って自分を磨きましょう!!


3.アカウントが作りやすい

上にも書いてますが、TwitterはFacebookと違ってアカウントを複数持つことが可能です。具体的にはメールアドレスを複数持っている必要がありますが、アドレスなんてすぐに手に入ります。現時点でTwitterのアカウントを持っているという人も多いと思うので、複数アカウントもってみたらどうでしょうか?私自身もアカウントは2つ持っていて、タブレットとスマホで使い分けています。英語学習者同士でフォローしあうのもいいですし、モチベーションが高い人が多いので自分自身のモチベーション維持にも役立つと思います。

いろいろ書きましたが、ちょっとでも悩んでいる人は始めて見てください^^少なくともデメリットはないし、TOEICの前後以外は放置なんてのもありだと思います。

ちなみに私の使ってるアカウントです。フォローお願いします^^

https://twitter.com/score990ontoeic







応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。