Divergent



今回は洋書の紹介です。実はだいぶ前に読み終わっていたんですが、中々チャンスがなくUPすることができませんでした。


今回この本を紹介しようと思った理由は、近々この本が映画になるからです。

上映は3月21日。素晴らしくいい本なので、映画の方も結構期待しています。



じつはこの本は全3部で今回紹介する本だけでは完結しないんですが、聞いた話による続編もかなり人気で今後映画化される可能性が高いです。


個人的にはハリーポッター以来のヒットかなーと思っています。



Divergent (Divergent Series)

新品価格
¥990から
(2014/2/27 21:50時点)






読んだ期間:20日くらい(実質2週間)
文字数:105,143words


〜あらすじ〜

近未来の物語。この世界の人間は16歳になると、自分の所属するfaction(グループ)を選ばなければならない。それぞれのグループにはそれぞれの個性があり、性格・性質の似通った人が所属する。16歳までは自分の両親が所属するグループに身を置くことができるが、主人公のBeatriceは両親のfactionは自分には合わないのではないかと考え始める。そんな中迎えた決断のとき....しかし、そこでBeatriceは自分はいかなるグループにも属さない「Divergent」であると宣告されてしまう。





文字数的にはハリーポッターよりちょっと長めですが読みやすさではこちらの方が上です。慣れると最後の方はかなりのスピードで読めてしまいます。


自信がないという方は映画を見てから読むでもいいと思います。逆に映画を見る前に読んでみたいという人も多いのではないでしょうか。


私は本当はフィリピンでみようと思っていたんですが、思っていよりも上映が遅く日本でみることになりそうです。



内容的にも難易度的にもとてもオススメ出来る本です。

新しい洋書にチャレンジしたいという方、映画をみるつもりで英語学習にも興味があるという方、是非読んでみてください^^


















応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。