〜フィリピン留学〜語学学校の選び方



流行って来てますね、フィリピン留学。ここ数年で留学する人の数が5倍になたっとか。今ではまだ韓国人留学生・韓国人経営の学校が多いのが現状ですが、今後日本の市場が大きくなるにつれて日本人経営・資本の語学学校が増える可能性があります。そうなるとこれからフィリピン留学の問題点がいろいろと改善されてくるかもしれません。韓国人学生にとっては問題ではなくても、日本人にとって住みづらい環境とかも普通にありえます。

今回はフィリピン留学に行くにあたりどんな観点から学校を選ぶと良いか、今までに感じた問題点などを含め紹介します。


○きつすぎる学校・コース(スパルタ)は選ばないほうがいい。

フィリピン留学には大きく分けて、2つのタイプがあります。そのうちいろいろと制限があるものを「スパルタ式」と呼びます。何がスパルタかと言うと、まずこのコースを選ぶと比較的長い授業時間義務自習が含まれたカリキュラムが自動的に用意されます。何が問題かというとまずはこの長すぎる授業時間。学校によっては1日10時間のマンツーマン授業を提供しているところもあります。でもこれは英語力の伸びを考えると異常な長さなんです!多くの日本人は「せっかくの留学の機会だしたくさん授業を取って詰め込もう!」とか思うんですが、たくさんマンツーマン授業を取れば伸びるわけでもなく、実はコツコツ宿題をやっている時間も授業時間と同じくらい大切です。10時間もマンツーマン授業をとってしまうとoutputばかりになってしまい、もともとストックのない人はほとんど伸びを感じることもないでしょう。特に英語学習を日本でほとんどしていなかった人がこんなコースを選んでしまうと苦痛でしかありません。日本ではinputばかりになりがちですが、フィリピンでは逆にoutputが多くなってしまうこともあるので気をつけましょう!個人的にはベストな授業時間は4〜6時間です。(グループクラス含め)


スパルタ式の次なる問題点。

それは、タイトな拘束時間です。スパルタ式の学校では平日の外出禁止は当たり前、学校によっては小テスト等で特定の点数が取れないと、週末も外出禁止になってしまいます。これまた英語漬けにしたいとかいう理由でスパルタ式を選ぶ人が多いですが、1週間も過ぎれば取った人のほとんどが後悔してしまいます。今までほとんど英語の勉強をしたことのない人たちに監獄のような厳しい環境で英語学習なんて無理です。スパルタ式はほとんどの韓国資本の学校で採用されていますが、これは徴兵制度のある韓国ならではの考え方で、よっぽど留学期間が短くない限り普通のタイプ(スパルタ式でない方)を選ぶことをオススメします。正直、スパルタ式でもそうでなくても結局のところ伸びしろは変わりません。むしろ、長時間の授業時間は各授業の集中力を下げるだけなので、逆効果です。それと個人的には週末くらい遊びに出かけてもいいんじゃないかなーと。多くの人が週末はどこかに出かけてますし、こういう語学学校では友達はかなり大事です。ほとんどの人が出かける中、スパルタ式の生徒だけ週末授業なんてことも十分ありえます。


○日本人が多めの学校がいい

まず、日本人スタッフがいる学校を選びましょう。日本人が多い学校にはほとんどいますが、逆に韓国人ばかりの学校にはいないこともあります。フィリピンでは環境の悪さや食べ物の変化から体調を崩すひとが多く出てきます。そんなとき頼りになるのが日本人スタッフ。英語力に自信のない人は特にトラブルを抱えている時に英語でうまく伝えられないと大変なので、必ず日本人スタッフの有無は確認しましょう!日本人が多い学校を選ぶ理由はそれだけではありません。日本人の少ない学校を選ぶ理由として一番多いのが、「授業時間以外も英語漬けになりたいから」でしょうが、韓国人生徒がいたところで英語漬けには程遠いです。英語先進国の韓国と言えど、フィリピン人先生のようにスラスラ英語の話せる人は稀なので、そういうメリットはあまり期待しない方がいいです。韓国人が多い時のメリットは海外に友達が出来ること外国人の英語に対する姿勢を知ることができることです。ですが上にあげた2つは日本人90%の語学学校であっても十分得られます。


間違っても99%韓国人の学校を選ばないようにしましょう!








応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。