TOEICテスト超リアル模試600問TEST3 感想・難易度



TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)

新品価格
¥1,890から
(2014/1/8 22:05時点)





リアル模試の感想です。前回のTEST2からだいぶ時間が空いていますが、今回のTEST3は初見で解きました。



まず結果から、

LC 93/100
RC 83/100


本番と比較した場合の難易度と各パートの正答数は、

○リスニング 93/100(495)
Part1 10/10 簡
Part2 29/30 やや簡
Part3 26/30 難
Part4 28/30 やや難

○リーディング 82/100(420)
Part5 32/40 やや難
Part6 10/12 普
Part7 
SP 23/28 難
DP 17/20 難



難易度は書いている通りなので、各セクションで感じたことを書きます。


○リスニング

この問題集による点数換算は満点レンジでした。(91問正解から満点。)

これを見てもわかるように少し本番より難し目の試験なようです。ただ、全体を通して難しいかというとそうでもなく、Part1/2は極端に簡単で、Part3は数問かなり難しいものが含まれています。

Part2/3で私が間違えた問題は、正答率10〜20%の問題でした。正直このぐらいの正答率の問題になると、解説を読んだりもう一度聴き直しても、正解が選べなさそうな問題ばかりです。


私がPart2/3で間違えた問題5問が正解だったとすると、98/100となり本番でも満点レンジになります。


この模試のTEST3は極端に難しいものを除けば、おそらく本番同等の難易度です。





○リーディング

リーディングは時間が足りませんでした。かなり読む量が多いです。結果は82/100でしたが、時間を少しオーバーしたので、若干点数が高めに出ていると思います。

82/100は換算表によると430でした。93/100から満点なので本番よりはかなり難しいです。この参考書の他のセットよりもリーディングは難しく感じました。




全体的に若干本番より難しいですが、いい問題集でした。得点換算はちょっと甘いくらいです。フィリピンから帰国して初めてのTOEIC模試でしたが、リスニングはかなり聴きやすくなっていました。逆にリーディングからは離れていたので、感覚を取り戻す必要がありそうです。





応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。