5か月でTOEICが400点伸びた私の3つの勉強法



今回は英語の勉強方法について書きます。

ここでは英語の勉強方法と書いていますが、今から紹介する方法はリスニング力・リーディング力を飛躍的に上げることのできる方法なので、これからTOEICを始めようと思うがリスニングが全く聞こえないという人にもお勧めです。


私が英語の勉強をするときは、主に以下のやり方でやっています。

@音読
Aシャドーウィング
Bディクテーション

もちろん、TOEICの前にはそれ専用の勉強に切り替えますが、基本的に上の3つの勉強法で英語力をあげてきました。

ちなみに数字が大きくなるほど、レベルが上がってきます(負荷が大きくなってきます)。

つまり、これから英語を始めるという方は数字の順番にやっていけばいいのではないのかと思います。


この3つの方法は英語の1つの能力(リスニングやリーディングのこと)に焦点を当てるのではなく、英語力を引き上げてくれます。

もちろん、これらの練習だけでスピーキングやライティング力までネイティブレベルまでというふうにはいきませんが、私が今まで数々実践してきた中では自信を持ってお勧めできる方法です。



先に、3つの方法に共通する注意点を書いておきます。


1.文章に分からない単語があるときは必ず読みと意味を調べるようにする。

あとで私がこれらの3つの方法を行ったときに使用した参考書を上げておきますが、基本的にはCDの付いたものを選んでください。音読をするわけなのでスラスラ読める必要があります。必ず分からない単語は調べましょう。


2.難しい構文・単語・イディオムが使われているものを選ばない。

TOEICの問題集などを音読するときはまた別ですが、基本的には初・中級(中学高学年〜高校まで)の文章にしてください。


3.目的を明確にする。

自分が今行っている練習が何のためのものなのか、またこの練習でどんな能力を伸ばすことができるか把握しておいてください。実はこれが結構大切です。



3つのそれぞれの目的について書いておきます。

音読:英語をインプットするスピードを上げること。

シャドーウィング:実際のスピード(会話やリスニングのスピード)についていくための能力を養う。

ディクテーション:日本人が聞き取るのを苦手とする冠詞や前置詞を聞き取れるようにする。


もちろん、捉え方は人によってさまざまですが、私の場合はこういった目的を持って勉強していました。

さて、次にやり方です。


@音読
はい、もちろんみなさんの知っている音読です。ただし、焦ってはだめです。ゆっくり丁寧に発音しましょう。日本人にとって難しい発音には特に注意しましょう。



Aシャドーウィング
この勉強法はiPodなどで音楽をききながら、その音声の後を影のように追いかける訓練です。やり始めは全くできないかもしれませんが、次第に耳と口が慣れてきて楽になってきます。そうなったらリスニング力が上がって来ている証拠です。



Bディクテーション
これもiPodを使用しますが、今回は紙とシャーペンも用意してください。ディクテーションでは聞いた音声を書き取ってください。これ以上分からないというところまで聞いたら、自分がどこが聞き取れていないのかを確認してください。単語同士のつながりやスペルまでも同時に学べます。



3つの方法に共通することは、同じ文を何度も繰り返すということです。私は同じ文章を10回以上繰り返しました。極端かもしれませんが、覚えるくらい繰り返してください。


私の使った参考書の紹介をします。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK) [単行本(ソフトカバー)] / 森沢 洋介 (著); ベレ出版 (刊)

著者:森沢 洋介
レベル:全レベル

この本は初級用となっていますが、初めてこの本を使う人は初級から購入することをお勧めします。上の注意事項で上げた通り、使用する文章は簡単なものでかまいません。むしろ、難しいものを選んでスムーズに読めないほうが問題です。この本ではシャドーウィング・音読を行うことができます。


新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990 [単行本] / 神崎 正哉 (著); 講談社 (刊)


著者:神崎正哉
レベル:初・中級者

以前別のページで紹介した本です。1単語につき1センテンス付いているので、ディクテーションに使っていました。これに限らずCDがついていて、1センテンス付いているものならなんでもいいと思います。中身を見て自分に合ったものを選んでください。

新TOEIC TEST パート3・4 特急実力養成ドリル [単行本] / 神崎正哉, Daniel Warriner (著); 朝日新聞出版 (刊)

著者:神崎正哉, Daniel Warriner
レベル:全レベル

特急シリーズです。TOEICのリスニング練習もかねてシャドウィング用に使っていました。今思えばちょうどいい長さでした。TOEIC力と同時に伸ばしたいという方は、TOEIC用の参考書を使って上のトレーニングをすることをお勧めします。


これ以外に私はディクテーション用にパソコンのアプリを使用しています。その話をすると長くなるので別の記事でゆっくりします。


*記事にしました。こちらを参照ください。








応援クリックお願いします^^








この記事へのコメント
@音読
Aシャドーウィング
Bディクテーション
この3つの順番は
@→A→Bでしょうか?
Posted by sin at 2015年11月28日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。