TOEIC受験の2つのメリット



今回はTOEIC受験のメリットについて書きます。


さて、みなさんは「TOEICの点数が上がったとしても、英語力はあがらない。」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?私は暇なときにTOEICについての記事やブログを検索しているので、この手の言葉はよく目にします。

だから「TOEICは受けないほうがいい」という言われ方をしていることもたびたび見かけます。

私もTOEICの点数が上がったとしても、英語力は上がったといえない。という点には同意します。



全くその通りです。

しかし、私は英語力を上げたい人ほど受けるべきだと思います。


「先ほどTOEICの点数が上がったとしても、英語力はあがらない。」といいましたが、逆はどうでしょうか。


英語は話せるが、TOEICの点数は取れないなんて人いるでしょうか?もしいたら、その人は英語が話せると思い込んでいる人です。おそらく英会話教室やネット英会話でしか話したことのない人なんでしょう。

英会話教室やネット英会話を否定するわけではありません。むしろ少しでも英語を話す機会を増やしたいのなら、どんどん活用するべきです。


しかし、そこには大きな落とし穴があります。

英会話教室やネット英会話の先生たちは多数の日本人の生徒に教えているわけです。しかも、日本に住んでいる場合は日本のことが好きな可能性が高い。

そういった先生の場合、日本人であることを考慮してくれたり、日本人の英語を聞きなれているわけなので多少変な英語を話しても理解たりしてくれます。


たとえ、それが外国では伝わらないものであっても。

そういう人たちは自分が話せていると錯覚している可能性がある、ということ。


さて、話は戻ります。

なぜ、英語力を上げたい人ほどTOEICを受けるべきなのか。それはTOEICにはTOEICなりのいい点がたくさんあるからです。



1.ほぼ毎月受けることができる


これは大きなメリットです。英語の勉強をするうえで目標をたてることはとても大切です。

私の場合は2つの目標をたてていました。長期的な目標と短期的な目標を。

たとえば、
長期的な目標:外国人と話せるようになりたい!!
短期的な目標:次のTOEICで900点越える!!

という感じです。

目標を立てることは、英語学習のモチベーションアップにも繋がります。


また、「お金を払ったんだから、勉強して受験しよう。」という気にもなります。

ここまででもTOEICを受ける価値は十分ですが、実はもう一つメリットがあります。



2.TOEICの点数は標準偏差で決まる。

TOEICでは、受験者全員の点数を考慮して点数が決まっています。
つまり、前回のTOEICから何もしていなければ(英語力が維持できていれば)点数に変化はないはずです。

もっとわかりやすく言うとTOEICお点数は偏差値みたいなものです。

TOEICの配点


もし、あなたが英語学習をサボっていて、英語力が落ちて行っているなら、TOEICが点数で教えてくれるわけです。また、日ごろの英語学習で自分の英語力がどれくらい伸びているのか一目でわかります。

私の場合、TOEICがなかったら、英語の勉強をやめていたかもしれません。TOEICがあったおかげで、サボらずにここまで来れました。

継続が大切と言われる英語学習にとってTOEICは最高のツールじゃないでしょうか?変な話ですが、気づいたときには私のなかでTOEICはただのテストではなく、私にやる気を与えてくれる大きな存在に変わっていました。

おおげさに言うなら、私の人生を変えてしまいました。


さて、あなたはどうでしょう。あなたの中ではTOEICはどんなものでしょうか?

ただのペーパーテストですか?






応援クリックお願いします^^








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。