TOEICのスコア分布



みなさんは自分のTOEICスコアが上位どれくらいに位置しているかご存じでしょうか?気になっている方も多いかもしれません。


実は、スコア分布はTOEICのホームページで簡単に確認することができます。


toeic total.png

toeic listening.png

toeic reading.png

上の画像はトータルスコア・リスニングスコア・リーディングスコアそれぞれの分布です。


この画像を見ると、トータルで900点以上の人が受験者の約3パーセントいることになります。もうちょっと低いところで見ると、上位10パーセントに入るためには800点とちょっと必要になります。



て言っても、ちょっとわかりにくいですね。そこで、全体を100人として考えてみます。


もし、TOEIC受験者が100人だったら....



1.トータルスコア

46人が平均点以上、54人が平均点以下です。


平均点を超えている人のうち、20人が730点以上を取っています。この村で上位10人に入るためには少なくとも800点以上取る必要があります。

そのうち、3人だけが900点の点数を持っています。



2.リスニングスコア



どうやらこの100人の中では、48人が320点以上を持っているようです。そして400点以上の人は20人いるようです。

しかし、そのうち10人は440点以下なんですね。


残りの10人の内訳を見てみると、2人が450点以下、4人が450〜470点、そして残りの4人が470点以上を持っています。



3.リーディングスコア


実はこの100人の人たちはリスニングに比べて、リーディングで伸び悩んでいる人が多いんですね。


ちなみに、平均点はリーディング:258点、リスニング:315点となっています。

結構、差が出ていますね。次にスコア分布を見ていきます。

2人は90点以下のスコアです。リーディングで上位10人に入るには少なくとも、390点は必要です。


10人の内訳を見ていきましょう。


390点以上持っている人のうち、6人が390〜420点の間です。

ここまででかなり絞られてきました。


残りの分布は、2人が425〜445点、1人が450〜465点、そしてたった1人が470点以上です。



どうでしょう?

これを見てあなたのスコアは低いと感じるか、それとも高いと感じるか。少なくとも、いかにリーディングの点数が出にくいかは、わかってもらえたと思います。


逆に、リスニングは取りやすいということですね。


TOEICの配点



最後ですが...

みなさん、今日が何の日(10月19日)かご存知ですか?

そうです。


今日は我々TOEICファンにとっては大事な日です。笑




さて、何の日でしょうか?





応援クリックお願いします^^








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。