TOEIC 大学別平均スコアから分かる4つのこと。




まずは大学別のTOEICの平均スコアについて書きます。以前TOEIC全体のスコア分布については書いていますので、そちらも参考にしてください。


・上智大学外国語学部英語学科の平均スコア865点

・上智大学比較文化学部の平均スコア856点

・東大院生(文系)の平均スコア800点

・東大院生(理系)の平均スコア703点

・一橋大学大学院法学研究科・法科大学院合格者(未修者)の平均スコア823点

・一橋大学大学院法学研究科・法科大学院合格者(既修者)の平均スコア729点

・東京外国語大学の平均スコア719点

・東京工業大学の平均スコア640点

・獨協大学外国語学部英語学科の平均スコア634点

・立教大学の平均スコア569点

・奈良女子大学の平均スコア550点

・千葉大学法経学部の平均スコア544点

・金沢大学の平均スコア524点

・埼玉大学の平均スコア458点

・広島大学の平均スコア440点前後。

・山口大学の平均スコア414点

・日本大学文理学部英文学科の平均スコア381点

以上、別サイトより引用 URL



以上は大学が公表しているTOEIC IP テストの結果です。

TOEIC IPテストと公開テストの違い
IPテストとでは過去の公開テストの過去問を使用しているので、同じように点数比較できます。


1.TOEICの点数は対策をしなければ伸びない。

この学校別の点数をみてどう思うでしょうか?意外に低いなと思われた方も多いんではないでしょうか。たしかに東大の理系の平均点が703点というのは驚きですね。東大については分かりませんが、多くの国立大学ではTOEIC受験を必須としているようで、それが点数に影響しているのかもしれません。

要するに、受験者全員が勉強してTOEICに臨んでいるわけではないということですね。彼らなら勉強して受験すればけっこういい点数とれると思います。逆に東大生でも対策をしなければ、600点台を取る人もいるってことですね。


2.英語力は勉強を続けなければ落ちる。

あたりまえですが、上の結果に表れています。一橋大学の法科大学院の既履修者の平均点が未履修者の平均点を見てください。既履修者の平均点が未履修者の平均点よりも低いという結果になっています。どちらも合格者の平均点なので同じレベルのはずですが、大学院で2〜4年勉強しないだけでこんなにも差が出るようです。やはり英語は勉強を続けなければ、落ちるわけです。


3.ホントに英語ができる人はTOEICで高得点が取れる。

一方、上智の平均点は他と比べてずば抜けて高いです。上智の外英では授業はすべて英語で行われているようでもちろんその影響もあると思います。しかし、一番の理由は帰国子女の多さです。英語学科に限らず、外国語学科、学校全体で帰国子女を受け入れているので、それが少なからず影響しています。


4.大学では英語はほとんど伸びない。

また、ほとんどの学校ではTOEIC IP のテスト結果を公表しないようにしているようです。理由は、低すぎて公表することにメリットがないから、だそうです。そこで、高校生と大学生の平均点を比較してみます。

・高校生(31,710人)の平均スコア

410点(Listening 241点 Reading 169点)


・大学生(352,635人)の平均スコア

445点(Listening 249点 Reading 196点)


たしかに、高校生と大学生の平均点にほとんど差はありません。しかもこの程度の差ということは約半数の大学は、高校生の平均点を下回っているということです。ちょっと疑問なんですが、TOEIC受ける高校生って聞いたことありませんが、いるんですかね?数字では大学生の1/10いることになっていますが、どんな高校生なんでしょう?

英語クラスに所属する高校生かな?


平均点なんて気にしたところで何にもならないですが、いくら出来のいい学生のあつまる大学でも、TOEICの対策をしなければ点数は低いです。そもそも、英語に頭の出来の良さなんて関係ないので、他人と比較しないことが大切です。







応援クリックお願いします^^








この記事へのコメント
通りすがりの法科大学院修了生です。2について、未修・既習の意味について誤解されてるようなのでコメントさせていただきます。

〉あたりまえですが、上の結果に表れています。一橋大学の法科大学院の既履修者の平均点が未履修者の平均点を見てください。既履修者の平均点が未履修者の平均点よりも低いという結果になっています。
〉どちらも合格者の平均点なので同じレベルのはずですが、大学院で2〜4年勉強しないだけでこんなにも差が出るようです。

法科大学院の既習・未修は、入学形式の違いです。基本的には、法学部出身か否かで区別されます。未修者は法律科目以外の試験を受けて入学し、法科大学院では3年間学びます。これに対し、既習者は法律科目の試験を受けて入学し、法科大学院では2年間学びます。
要するに、入学前に法律学を既に学んでいるか否かの違いであり、「未修者:入学時点の学生、既習者:修了した学生」という意味ではありません。
したがって、「大学院で勉強しなかっただけで差が出る」という分析は誤りなのです。

ではなぜ未修者は既習者より英語ができるのか? おそらく入試の配点や勉強時間の問題によるものでしょう。
既習の入試では法律学の試験でほとんど合否が決まり、TOEICは重要でありません。また、法律学の勉強に時間がかかるのでTOEIC対策に時間を割けられません。逆に未修の場合にはTOEICのスコアがある程度合否に影響するうえ、他の科目(小論文など)の勉強にさほど時間がかからないので、英語をたくさん勉強できるのです。
Posted by けん at 2015年10月29日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。