TOEIC模試究極の600問(1) リスニング 感想・難易度




今日はTOEIC模試究極の600問のリスニングのみです。


ちょっと忙しくてリーディングはできなさそうなので、明日にでもやります。



TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ) [大型本] / ヒロ前田 (著); アルク (刊)


まず、今回は全体の感想から書きます。



ものすごくクオリティの高い模試です。



なにがそんなにいいかというと、解説が丁寧です。



これは公式問題集にはない、いい点ですね。



また自分がどんなところが弱いか、間違えの選択肢を選ぶ受験者の割合がパーセントでわかるんです。






伸び悩んでいる人がいたら、この問題集がちょうどいいのかもしれません。






ただですね、




この模試本番に比べかなり難易度高いです。




私は自信がないものが多数ありました。






スコア換算もできるのですが、93/100〜は495点になっています。笑



本番のリスニングでは多くても3ミスまでが、満点なのでやはりちょっと難しめです。






でもそれはそれでやりがいもあり、難しいということを理解して解いているのであれば問題ないです。





私の中ではお勧めのTOEIC問題集の中の一つです。








以下、私のテスト結果です。



〇リスニング 88/100


Part1 9/10 普

1問難しものがあります。私はその問題で間違えました。



Part1の特徴と対策




Part2 29/30 難


個人的に今まであまり聞かない会話が多かったです。

問題のレベルとしてはそうでもないかもしれません。


Part2の特徴と対策




Part3 25/30 難


難しいです。本物のリスニング力をつけなければ、高得点は難しいかもしれません。


Part3の特徴と対策




Part4 26/30 難



難しいです。背景を推測しながらでないと、おいて行かれる感じ。


今の私では高得点は難しいです。



難しく感じた理由として一番大きいのは、先読みが追いつかれたことかもしれません。



リスニングパートでも速読力が必要ということです。



リスニングパートの先読みについて







*TOEIC模試究極の600問レビュウ

TOEIC模試究極の600問(1) リスニング

TOEIC模試究極の600問(1) リーディング

TOEIC模試究極の600問(2)

TOEIC模試究極の600問(3)










応援クリックお願いします^^








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。