TOEICの配点と誤答数


今回はTOEICの配点についてです。





私は最初のころTOEICは1問5点だと勝手に思っていましたが、それだと満点が1000点になっちゃうんですよね。










TOEICには配点がありません。






また、リスニング・リーディングそれぞれでどこを間違えても重みは同じになります。



つまり、Part1で1問間違えた人とPart4で1問間違えた人では同じ点数になります。






ややこしいので詳しく説明しますが、TOEICは加点性ではなく減点性です。





たとえば、リーディングだと設問は100問ありますが、


誤答数     得点

 0      495

 1      490

 2      485



といった感じで決まっています。








以前、リーディングパートの方が点数が取りやすいと書いたかもしれませんが、実はこの減点システムはリーディングのほうがかなり甘くなります。


TOEICのスコア分布




具体的に書きますとリーディングパートで満点を取るためには、ほとんどの場合誤答数0でないといけません。





また、時には誤答数0でも満点が取れない回も存在します。







一方、リスニングパートでは誤答数2〜3問までが満点となることがほとんどです。











なぜはっきりと何問ミスが何点であるか言わないかというと、




それはその回の模試の難易度によるからです。








以前、書いたかもしれませんが、TOEICの点数の付け方はその回の難易度で変化します。



TOEIC受験のメリット




ETSは独自の採点基準を採用しており、個人の得点が問題の難易度によらないようにしています。








そのため、前回のTOEICよりも点数が伸びていれば、TOEIC力(英語力)が伸びたことになります。











分かってもらえたかもしれませんが、





リーディングで高得点をとることはかなり難しいです。






リスニングに比べて伸びにくいですし、採点基準が厳しいです。






この理由から早く点数の伸びを感じたいとか、点数を伸ばしたいという人はリスニングパートから取り掛かることをお勧めします。









また、TEX加藤さんのブログに行けばレジュメから誤答数の計算方法がわかりますので、どこで間違ったのか気になる方は検索してみてください。











応援クリックお願いします^^








タグ:TOEIC 配点
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。