会社が社員に求めるTOEICの点数は?TOEICの信用度と採用基準


国際ビジネスコミュニケーション協会が今年7月、2013年1月に国内上場企業3254社の人事部門に対して英語活用実態調査を実施し、304社から回答を得た『2013年上場企業における英語活用実態調査』を発表。企業が採用や海外出張、海外赴任など企業が期待するTOEICスコアの基準(期待する平均値)が掲載されている。

≪社員に求められるTOEICスコア≫

・国際部門→750点

・海外赴任者→695点

・海外出張者→675点

・中途採用社員採用時→710点

・全社員→600点

・新入社員採用時→565点

(※「要件にしている」と回答した企業の平均)

 外資系企業勤務や海外赴任など、ビジネスで英語を使いこなすには、まず800点以上を目安に学習を進めて、最終目標として900点超えを目指したいところだ。

TOEICテストは「読む(リーディング)」力と「聞く(リスニング)」力を測定するテストなので、英語の語彙・文法・構文のいずれも正確に把握していなければ高得点を取ることは不可能であり、世間の一時的なうわさに惑わされず、堅実に英語力を身に着けていこう。
以上、oricon styleより引用。URL






グローバル化が進むにつれて、TOEICを重要視する企業が増えてきています。




楽天やユニクロが社内の公用語を英語にしたというのはかなり有名な話です。



これからはもっとそんな企業が増えてくるのかもしれません。






上の記事は、ニュースから抜粋したもので各企業から得られたアンケートをもとに作られています。




TOEICを採用の要件にしていると答えた会社の平均です。





上に挙げた企業以外では、ソフトバンクなどが英語に力を入れているようです。




ソフトバンクは最近アメリカの携帯電話会社を買収したこともあり、英語のできる人材が必要なのかもしれません。



余談ですがソフトバンクでは、以前このブログで紹介した「iknow」というアプリを使用しているようです。


単語を記憶するアプリ iknow








国際部門の採用基準が750点となっています。




やはり国際部門は他の部門に比べ基準が高いです。







たかがペーパーテストかもしれませんが、日本社会では重要視されているのが現実です。











また、企業にもよると思いますが、新卒でもTOEICの点数を見る会社はあるようです。





上の記事によると、新卒採用の基準の平均は565点。





しかし正直、この点数の英語力では使える英語のレベルにはほど遠いと思います。








何が言いたいかというと、企業は英語力を評価しているわけではないんじゃないんだろか、ということ。






では何を評価しているのか。








私が思うに、企業は学生の努力を評価したいのではないでしょうか?










以前記事にもしましたが、TOEICの点数は英語力に関係ありません。




TOEIC受験の2つのメリット












しかし、TOEICの点数は簡単には上がらない。




TOEICで高得点を取るには、それなりの努力が必要。





企業の採用の方ももちろんそれを知って採用しているはずです。








私はTOEICは努力を評価してくれる試験だと思っています。







もちろん、900点を取るとなるとそう簡単ではないです。






しかし、ある程度の努力をすればTOEICは答えてくれます。









私はTOEICの点数が上がるにつれて、TOEICで満点を取り続けている方々を尊敬するようになりました。






きっと私たちが想像できない努力をしているんでしょう。







TOEICで目標点に到達したいのなら、それに見合った努力をすることが一番大切です。










応援クリックお願いします^^








タグ:TOEIC スコア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。