TOEICとスピーキング





TOEICとスピーキング能力は関係あるのか?


TOEICで高得点を持っていても英語を話せないという人が多い、ということはよく言われることです。理想的な英語力の伸びはTOEICの点数と一緒にスピーキング力が伸びていくことですが、実際そうにはいきません。



何がスピーキング力を伸ばすことを難しくしているかというと、1つの理由はとして考えられるのは、スピーキングを練習するにはお金と時間がかかるので日本で伸ばしていくのはやや困難であるということです。

リーディングやリスニングなら一人で黙々と練習できるんですけど、スピーキングやライティングはそうとはいきません。


特にスピーキングは。




また日本で英語を話そうと思えばお金がかかるのが現状ですよね〜。





他に考えられる理由は、その人のTOEICを勉強している目的が英語を話すことではないからだと思います。


TOEICは昇進や進学に使用されているので、点数だけとってしまえばそれでおしまいです。スピーキングはスピーキングのトレーニングをしなければ絶対に伸びないので、そういう人は話せない人が多いのではないかと思います。


もちろんそれはそれでいいと思ってます。


必要がない人にとっては話す能力なんて必要ないですからね。TOEICはコスパのいい試験なので、それが昇進などに関わっているならどんどん受けるべきです。



ん〜私の場合は、TOEICの結果を入学試験等で使用するすもりで受けているわけではないので、スピーキングの能力も点数と同時に上がって行って欲しいです。


日本に住んでいる限り難しいことかもしれませんが、これは私の目標でもあります。



あまり焦っても仕方がないことはわかっているので、気長にやっていきます。









応援クリックお願いします^^








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。