センター試験とTOEICの相関関係(換算表有り)



平成30年度以降に予定されている大学入試改革について、TOEICや英検などの英語資格試験を大学入試センター試験に活用する特例措置を、予定より前倒しして導入する方向で文部科学省が検討していることが30日、同省関係者への取材で分かった。高校在学中にTOEICなどで高得点をとれば、センター試験の英語の得点を満点とする方針であることも判明。年明け後の中央教育審議会で議論される見通しだ。

 関係者によると、特例措置の導入は、一発入試型のセンター試験ではなく、何度でもチャレンジできる資格試験を活用することで、生徒の日常的な学習意欲を高める狙いがある。

具体的には、英語教育で国内外から評価の高い国際教養大学(秋田市)が実施している取り組みを参考に、例えば高校在学中にTOEFL(iBT)71点以上、同(PBT)530点以上、TOEIC780点以上、英検準1級以上の得点や資格を取得すれば、センター試験の英語科目を満点と換算する案が浮上している。ただし「点数や導入時期などは中教審で議論される」(関係者)という。
以上、MSNニュースより引用 URL





最近世間を騒がせているTOEICとセンター試験の問題です。


TOEICなどの資格試験である程度の点数を取ることでセンター試験が免除(満点)になる可能性があるようです。そこで何が問題になっているかというと、TOEICとセンター試験の点数における相関関係です。今のところTOEIC780点でセンター試験が免除(満点)になる可能性が高いようです。


ここで、TOEIC780点とセンター試験満点(200点)とどちらが難しいかですが、圧倒的にセンター試験満点のほうが難しいです。



私は塾講師をしているので、センターの問題を解く機会が多くあるんですが、満点はなかなか取れません。時間はかなり余裕持って解けるんですが、どうしても発音・アクセント問題や読解問題で1問くらい落としてしまいます。読解問題は1問6点だったりするので、発音・アクセントで数問間違えるとして190くらいが妥当です。

TOEICとセンター試験は測る能力と語彙の種類が大きく異なるので単純比較はできませんが、TOEICで何点くらい持っている人がセンター試験で満点が取れるかというと、おそらくTOEIC930〜950点ではないでしょうか。



ただ、これはTOEICを十分な対策をしてセンター試験を対策なしで受けた場合の話です。対策せずにTOEIC800とか取れる人ならセンターで満点取れるでしょうし、TOEIC880の私でさえ、センター試験の対策をしまくれば、センター試験満点取れるかもしれません。


センターTOEIC換算.png


上の表は各大学のIP試験の結果と各大学の合格者のセンター試験平均点から私が勝手に作った換算表です。(*普段TOEIC対策をしている人が対策無しでセンター試験を受けるという前提です。)最初は適当に作っていた表ですが今見ると大体こんな感じになるのではないかなと思います。



この表をもとに考えると、今回問題になっているTOEIC780点はセンター試験では175点前後に当たります。この点数に対してネット上ではいろいろ言われていますが、私は個人的にこの換算制度に賛成です。上に載せた記事にも書いてあるように、国はこの制度の導入で高校生の英語学習を習慣づけることを狙っているようです。実際、高校生がTOEIC780点取ろうと思えば、よっぽど出来る人で半年はかかるでしょう。そこで、その努力はセンター試験満点に値するということです。


正直、この制度が導入されたところでどれくらいの高校生がチャレンジするかはわかりませんが、実際私のようにTOEICがきっかけで英語を勉強するようになった人も少なくはないと思うので(笑)これを期にTOEICの需要が高まればいいのではないかと思いました。



*上の表についてですが、逆の場合(センター試験対策を十分にして、TOEICに臨んだ場合)、ほとんどTOEICで点数が出ないのではないかと思います。個人的に、TOEIC>>>センター試験なので。

大きな理由としては、語彙とリスニングです。TOEICで出題される語彙はセンター試験で見ることのないものが多く含まれています。逆に言えば、TOEICに出題される単語を100%知っていれば、センター試験で知らない単語が出ることはほぼ無いと思います。(もちろん感情に関わる語やネガティブな単語は出題されますがそんなに難しい単語は出ません。)

次に、リスニング。TOEICでは200問中100問(1/2)をリスニングが占めています。一方で、センター試験の場合は1/5です。日本人にとってどちらが難しいかと言うと、圧倒的にリスニングなので、センター試験に慣れている(リスニング対策をあまりしていない)高校生はTOEICで点数が伸びづらいと思います。

TOEIC sennta.png


某サイトに載っていた情報をもとに表にしてみました。やはり、センターで高得点を取っている高校生でもTOEICでは中々点数が伸びないようです。

自分でこんな表を作っていてこんなこと言うのもあれですが、正直こんな表あてになりません。TOEICもセンターも所詮ペーパーテストなので対策さえすれば、簡単に実力以上点数が出てしまいます。実際私はセンター試験130点くらいだったのに9ヶ月勉強しただけで、TOEIC880まで上がっています。要は努力次第ってことです。





応援クリックお願いします^^








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。