TOEICの受験票が届かない



みなさんは187回(1月12日実施)TOEIC申し込まれたでしょうか?

ほとんどの場合、2週間以上前に発送されるのでそろそろ手元に届いているころではないかと思います。それ以上経って、メールが来ないときやメールが来てしばらく経っても受験票が届かないときは、受験票の行方を心配してもいいかもしれません。笑 今回は直前になっても受験票が届かないときの対処法について書きます。



まず、なぜ今回こんな記事を書こうと思ったかというと....


私の手元にまだ受験票が届かないからです。(*本日は1月3日でごさいます。)


TOEICまで10日を切っております。しかし、届かない。こんなの初めてです。

正直、受験票がいつ届くかなんて気にも止めていなかったので、こんなにギリギリになってようやく届いてないことに気づきました。最初は申し込みし忘れたか?とちょっと自分を疑ってみたんですが、受験票発送のお知らせは届いているので、間違いなく申し込んではいるようです。

メールを見ると発送日は12月20日...2週間もいったいどこをさ迷っているのでしょうか。笑




そこで、TOEICホームページを見てみることに。以下、抜粋です。




受験票が届かない場合は、受験票未着問い合わせ期間内に必ずご本人が(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBC試験運営センターにご連絡ください。


受験票未着を理由とした「試験日の変更」「受験料の返金」は承ることができません。
また、未成年者の保護者からの問い合わせは、受験者の保護者であることを確認後、お申し込み時の連絡先に電話にて回答いたします。
※ 試験当日は回線が混み合います。できる限り平日にお問い合わせください。



お問い合わせ電話番号 TEL:03-5521-5909

受付時間 平日(土・祝日を除く): 10:00-17:00、試験当日:8:30-10:30





つまり、届いてなければ電話しろってことですね。理解しました。


しかし、困ったことに受験票未着の問合せは試験一週間前にしか受け付けていないようです。私の場合は1月6日までですね。まだ届く可能性があるから待てということでしょうか。2週間も遅れておいて、これから届く気がしないんですが...


まあETSにそう言われてしまえば仕方ありません。TOEIC受験生は逆らえないので。笑



受験票未着の場合は早めに気づくことが大切ですね。ギリギリに気づいてしまうと大変です。あんまり大したことは書けませんでしたが、受験票が届かないことも希にあるようなので、慌てず電話をかけましょう!!





応援クリックお願いします^^








韓国のTOEICカンニング事件



 韓国で、英語能力テストのTOEICなどの「カンニング事件」が頻発している。韓国ではこれまで何度もカンニングが明るみに出ているが、抑止が効かない。むしろいたちごっこ。新手のカンニングが次々と登場している。背景は、教育熱の高さと、それに伴う過度な競争社会。歪(ゆが)んだ方法による「成績水増し」をしてでも、競争に勝とうとする心根の卑しさが社会の根底にある。プライドは高いが、内容が伴わない。それが韓国の“実像”でもある。

白いギプスに小さな穴を開け、スマートフォン(高機能携帯)を仕込み、カメラで答案用紙を撮影。その画像を送信し、共犯者が答え、それを無線によって他の生徒に伝える…。

 こんな手口のカンニングが今年10月に行われたTOEICで行われた。答えを受け取った生徒から共犯者らへ謝礼が支払われ、当局側は捜査に乗り出した。

 こうしたカンニングビジネスは、韓国では珍しくない。

以上、MSNニュースより引用 URL





韓国でまたもやカンニングが問題になっているようです。韓国では受験戦争を乗り切るためにカンニングを行う生徒が多いと聞きますが、これが今回はTOEIC(トイック)へと広がっています。

今までは受験のみで収まっていたカンニングですがそれが今はTOEICまで広がっている。韓国はTOEICを持ってないと就職できないと言われるくらいですので、必死で点数をあげようとする生徒が多いんだと思います。サムスンではTOEIC900点ないと入社すら出来ないようです。また、韓国人の友達にTOEICについて聞いたところ、サムスンに限らず一流企業ではTOEIC900点が当たり前なようです。


日本で英語力を見られる会社としては外資系の会社などが想像できますが、それでもTOEIC900点で足切りということはないです。もちろんそれにはTOEICでは英語力が判断出来ないという理由もあると思いますが、一番はそんなに取れる会社員・学生がほとんどいないからです。TOEICを作っているETSによると、TOEIC900点以上取れる人は全体の3%ほどなので、面接に1000人来て30人ほど(全員が一度は受験しているとして)でしょうか。


日本ではカンニングは中々ないと思いますが、履歴書の点数水増しは結構あると思います。

「どうせ聞かれることもないしちょっと多めに書いちゃえー」ということです。私の周りでも何人かいますが、その水増しがまたほんのちょっとなんです。500点→550点とか550点→600点とかそんなもんです。正直、その程度なら面接で有利になることはないですし、勉強すればすぐに上がる点数です。


韓国のカンニングも日本の履歴書水増しも、本当にTOEICを勉強している人の点数が報われなくなってしまうので、許される行為ではないです。一番大切なのはTOEICの点数そのものではなくその点数を取るために努力した過程と、本物の英語力です。


応援クリックお願いします^^








英語もTOEICも決断力と勢い





TOEICを受験するときに


「もうちょっと勉強してから」とか


「まだちょっと...」とか言っていては、伸びるものも伸びません。


TOEICの勉強を始めるぞーって人は、たとえ勉強していなくてもまず受験してみた方がいいと思います。特に一定期間内にある点数を取らなくてはいけない人なら尚更です。


TOEICは初受験では実力を発揮できないことが多いので、2・3回受験した結果が実力だくらいに思っておいた方がいいです。


私もそうだったので、「実力のないままTOEIC受けるのはちょっと...」という気持ちはよくわかります。


そこを乗り切るには勢いです。


取り敢えず申し込んじゃいましょう!!



目の前にあるチャンスを逃しているようでは英語力は伸びません。


いかに隙間時間を利用して勉強するかにかかっている人もいると思います。そういった方は特に、目の前にあるチャンスには飛びつくようにしてください。



同じことが勉強に関しても言えます。



TOEICの面白いところは結果が数字で分かることです。自分の勉強量に見合った結果が得られるとやる気が出ます。


それがモチベーションへと変わりTOEICの勉強が続けられるわけですが、目に見える変化が得られるには時間がかかります。


のんびり勉強している人は1年以上かかってしまいます。


一方で、最初の1ヶ月くらいを勢いで最大限の時間を利用して勉強できている人は、1ヶ月後には変化を感じているでしょう。



のんびり勉強している人は1年間自分が伸びているかどうか分からずに勉強していることになります。



私の知る限り、TOEIC高得点の方は明らかに後者が多いです。みなさん、最初の数ヶ月は勢いで勉強されています。そこで英語の勉強が楽しくなってそのまま続けられているんです。



点数が伸びる→英語が楽しくなる→勉強がはかどる




英語の勉強を続けるためにはこの「楽しさ」を知ることが大切です。



また、これはTOEICに限った話ではありません。



駅前留学・スカイプ英会話・海外留学等でも同じです。チャンスがあるのにそれを先送りにしていては、もう2度とそういう機会に恵まれないかもしれませんよ?



同じチャンスは2度とあなたには巡って来ないかもしれません。




出来ることは出来るときにやりましょう!!







応援クリックお願いします^^








簡単に取れる資格に意味はない!!



季節も冬になり今年ももう終わりです。そんな中、私の周りでは就職活動が活発になりました。


大学3年生の人はそろそろ本格的に動き始めたのころではないでしょうか?


私は院に進むので就職活動はしませんが、周りが就職活動を始めて「もうちょっと頑張らないとなー」とか思っています。


就職活動を始めるにあたり、資格を取ろうとしてる人も多いと思います。


就職のための資格といえばTOEICは確実に上位に入ってきます。むしろ1位かもしれません。


TOEICは誰にでも受験資格があり、他の専門的な資格と違い英語は誰もが中学・高校と履修しています。多くの就活生が受験できるというのもTOEICがメジャーな資格試験になった理由かもしれません。

TOEICも英語系の資格のひとつなんですが、英語の資格というだけでもまだまだあります。



その中で、なんでこんなにTOEICが英語系の資格の中で就職時に重要視されているかというと、そのひとつの理由にTOEICには合格・不合格がなく点数で評価する試験ということがあります。



英検などの試験と比較してTOEICの方が、就活生同士を比較しやすいわけです。



TOEIC800点ほどあればほとんどの面接で有利に働くということですが、TOEIC800点って結構高いって思われる方も多いと思います。


実際、勉強始めれば誰でも到達出来る点数なんですが、TOEICを勉強したことのない人にとっては高い点数に思えるかもしれません。



私の友達で自分の行きたい業種に限らず、いろんな資格を取りまくっている人がいました。すべて勉強すれば誰にでも所得出来るような資格なんですが、就職で役に立てるために取ったそうです。


結果的にその人は10個以上の資格を持っていたんですが、その中にTOEICや英検はありませんでした。


私が「なんでTOEIC受けなかったの?」と聞くと


友人は「だって難しいから」と...


ん〜私は難しくて中々取れない資格こそ意味があると思うんですが、友人は違ったみたいです。


というかそうですよね?



専門分野ならともかく、いろんなものに手を出してしまうと逆にマイナス評価されてしまう可能性もあります。


面接で資格を取っておくべき理由は、多くの就活生の中で自分を見てもらうことです。


その中で英検よりTOEICというのは、他の就活生と簡単に比較できるから。だいたい就活の本質は資格を取り漁ることじゃないです。


TOEICだって730点以上は履歴書に書かない方がいい言われたりもしていますが、それはそれくらいの点数になると努力しなければ取れない中々取れない点数という意味だと思います。


資格を取ることが就職活動の目的ではない一方で、資格を取って自分の能力をアピールすることはとても重要です。


面接前に自分の力を少しもアピールしたいという人はTOEICの受験を考えてみましょう。



TOEICが難しいというのは就活前に受けない理由にはなりません。それなりの努力をすればそれに見合った点数が返ってきます。



来年就活という人はもうそろそろTOEIC始めどきかもしれません。むしろ世間で難しいと思われているTOEICで高得点を取って周りと差をつけましょう!!





応援クリックお願いします^^








toeicの結果発表っていつごろ?




今日は第186回TOEICでした。受験された方はお疲れ様でした。

そして、明日は185回TOEICの結果がネットで発表されます。(申し込み時にネット発表を申し込まれた方のみ)


ブログのアクセス解析を見ると「185回 TOEIC」と検索されてこのブログにたどり着いた人が多いようですが結果発表は明日の12時です。


基本的にネットで発表されるのは試験3週間後の月曜日の12時となります。

月曜日が祝日の場合は火曜日の12時発表です。



そしてアビメはその約1週間後(テストから約4週間後)に届くようになっています。


なんでネット発表が月曜日かは...


わかりません!!

ETSも日曜日くらい休みたいのではないのでしょうか。笑


ちなみにTOEIC IPの場合はその主催した団体によります。


先日受けた私のIPは2週間後に結果が受け取れるようです。


あまり自信ないですが、明日の発表後にはしっかり点数公表します。笑


ブログのアクセス数もかなり伸びているのでここら辺で900点取りたいんですが、TOEICは結果を受け取るまで点数が予想できないのでなんとも言えません。


次の1月受験まで約1ヶ月です。

今月が終わったばかりですが、次に向かって頑張っていきましょう!!!




応援クリックお願いします^^








タグ:TOEIC 結果 発表
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。