リスニングの途中で話された内容を忘れてしまう人A



前回の記事で、リスニングで話された内容を記憶出来ないことと記憶力は関係ないということは話しました。

リスニングの途中で話された内容を忘れてしまう人@

リスニングで話された内容を記憶できるようになるための一番の方法は、英語力を伸ばし英語脳をつくることです。

これはリスニングに限らず他の英語学習にも言えます。

不思議なことですが、留学などで長時間英語に浸っていると日本にいた時よりも英単語が覚えやすくなっていることに気づくと思います。


英語の思考回路を作ることがリスニングで話された内容を忘れにくくする第一歩です。

しかしそんな能力は少し勉強して身につくものでもないですし、TOEICの点数を上げるだけであれば他に出来る対策もあります。


対策

まずは勉強方法から。


現在いろいろな勉強方法・教材が溢れていますが、その中で英語の記憶力保持に役に立つものはシャードーウイングです。


シャードーウイングとは?

シャードーウイングとは聞いた英文をあとから声に出して追いかけるトレーニングです。

これを繰り返しすることで英語を読まれたスピードで理解できるようになってきます。




次にテスト中にできることです。


心の中でシャードーウイングを意識しましょう。

これは特にパート2に言えることです。パート2では問が1回読まれて、それに対する返答が3パターン読まれますが、その際、各返答の前に心の中で問を繰り返すようにしましょう。

これをすることで設問を忘れにくくなります。要するに、シャドーウイングを心の中でやるわけです。


シャードーウイングでやることを本番のテストで心の中ですることで忘れにくくなります。

英文が読まれたあとに心の中で再確認しましょう。

私も700点に行くか行かないかくらいのときには、このことで結構悩んでいましたが、いつの間にか解消されていました。その一番の理由はリスニング力が上がり、英文をを英語のまま理解できるようになったからだと思います。

インプットのスピードを上げて英語脳を作ることで自然と忘れなくなります。


そのためには繰り返しの練習シャドーウイングが大切です。









応援クリックお願いします^^








リスニングの途中で話された内容を忘れてしまう人@




設問に移った時に、リスニングで話された内容を忘れてしまう人って結構多いと思います。

英文を忘れてしまいがちな人は「記憶力ないからなー」なんてことよく言っていますが、ほとんどの場合記憶力の問題じゃないですよ。

そしてその対策も単に記憶力を上げることだけではありません。


今回はそんな人たちに足りないものと解決方法について考えたいと思います。


1.英語力が足りない


単に英語力が足りない場合です。

読まれている文章が記憶できるかどうかにも英語力が大きく関わっています。

単に聞き取れる人と、聞き取れて記憶出来る人との差はとても大きいです。

TOEICで満点を取る人たちは、TOEICを受けたあと問題を覚えていてそれを記録していて本を出版したりしているようですが、そういった人たちはレベルが違います。そういう人たちはTOEICの満点が990点でないなら、もっと取れる人たちです。


もちろんいきなり記憶出来るようになるわけではないですが、少なくとも900点とかそれくらいでは試験後に覚えている単語はほとんどないと思います。

私も悩んだ問題以外はほとんど覚えていません。


つまり、リスニングで話された英文を記憶できない人の根本的な対策は英語力を上げることにあります。

他人が記憶できて自分が記憶できないことを単に記憶力のせいには出来ないということです。





長くなりそうなので今回はこれくらいにしておきます。




簡単に英語力が上がるわけでもないので、上の解決策ではすぐにTOEICで結果を残すことは難しいです。

今回の方法では間に合わないという方のために次回から数回で、TOEIC試験のために出来る英語の長期記憶の対策を紹介します。


このブログの記事一覧







応援クリックお願いします^^








TOEIC IPテストと公開テストの違いA




TOEIC IPと公開模試の違いは以前記事にしましたが、今回はそれにいくつか付け加えたいと思います。

TOEIC IPテストと公開テストの違い



試験開始時間が違う

開始時間が違いました。

公開模試は1時ちょうどから始まりますが、IPテストは1時20分から始まりました。

会場によっても違うんですかねー。私はこれにめちゃくちゃ苦戦しました。



普段は1時45分にリスニングが終わり、2時頃にパート5が終わり...

と、こんな感じで自分の中で決めていたんですが、開始時間が20分遅かったので完全に狂ってしまいました。


結局は時計を見ずに全部解きましたが、前もって各パートが何時に終了するのかを確認しておくといいと思います。



雰囲気が違う

IPテストは会社や学校で開催されることが多いので、その集団の色が出ます。私の場合はまず学生しかいませんでしたし、周りには知っている人も何人かいました。あとは、いつも以上に変なことをしている人が多かったですね。笑


うちの大学が変な人が多いだけかもしれませんが、挙動不審な人が多いです。特に試験中に



私の斜め前の人なんてずっと上を向いていました。笑




取り敢えず受けている人が多い

私の勝手な予想ですが、そう言う人が多かった気がします。


受験生は最終的に40人くらいいましたが、前もって渡された紙に1時からインストラクションと書いてあったのに、1時に会場にいたのは4人でした。笑



これも学校の雰囲気なのかもしれませんが、試験前にパソコンでレポートやってる人も多かったです。


IPテストは安いので、取り敢えず受けとこうという人が多いのかもしれませんね。






応援クリックお願いします^^








TOEICとスピーキング





TOEICとスピーキング能力は関係あるのか?


TOEICで高得点を持っていても英語を話せないという人が多い、ということはよく言われることです。理想的な英語力の伸びはTOEICの点数と一緒にスピーキング力が伸びていくことですが、実際そうにはいきません。



何がスピーキング力を伸ばすことを難しくしているかというと、1つの理由はとして考えられるのは、スピーキングを練習するにはお金と時間がかかるので日本で伸ばしていくのはやや困難であるということです。

リーディングやリスニングなら一人で黙々と練習できるんですけど、スピーキングやライティングはそうとはいきません。


特にスピーキングは。




また日本で英語を話そうと思えばお金がかかるのが現状ですよね〜。





他に考えられる理由は、その人のTOEICを勉強している目的が英語を話すことではないからだと思います。


TOEICは昇進や進学に使用されているので、点数だけとってしまえばそれでおしまいです。スピーキングはスピーキングのトレーニングをしなければ絶対に伸びないので、そういう人は話せない人が多いのではないかと思います。


もちろんそれはそれでいいと思ってます。


必要がない人にとっては話す能力なんて必要ないですからね。TOEICはコスパのいい試験なので、それが昇進などに関わっているならどんどん受けるべきです。



ん〜私の場合は、TOEICの結果を入学試験等で使用するすもりで受けているわけではないので、スピーキングの能力も点数と同時に上がって行って欲しいです。


日本に住んでいる限り難しいことかもしれませんが、これは私の目標でもあります。



あまり焦っても仕方がないことはわかっているので、気長にやっていきます。







応援クリックお願いします^^








TOEICのフォームによる違い(マイナー、メジャー)


今回は、マイナーフォーム・メジャーフォームについて書きます。


1.メジャーフォーム・マイナーフォームの違い


TOEICは会場によって2種類以上の問題パターンが存在します。フォームが違う場合は、テスト後に違う会場の友達と答え合わせをしていて気づくことが多いです。

フォームが違う場合は解いた問題が違うので、友達と答え合わせをしていて解いた問題が一致しません。


フォームの種類は、ほとんどの場合2種類になることが多いので2種類と考えて大丈夫です。それぞれをメジャーフォーム、マイナーフォームと呼びます。

名前からわかるように、メジャーフォームのほうを受ける人のほうが多いです。と言っても、マイナーフォームを受ける人数が極端に少ないわけではなく、若干少ないくらいです。


つまり、A会場とB会場でフォームが違う場合、受けたテスト内容が若干違うということになります。


どれくらい違うかというと、40%ほど被っているそうです。

私の感覚ではもう少し被っている感じがしますが、ETSが公式に発表しているわけではないので、大体それくらいということです。



2.どうやって見分けるか


解答用紙(解答をマークするほう)の色で判断できます。薄ピンク色の場合はメジャーフォーム、薄緑色の場合はマイナーフォームになります。


フォームが2種類以上存在する場合は、A面はその他の色になります。過去には3〜5種類まで違いが出た回もあります。もう一つ見分ける方法があり、問題冊子の右上にコードが記載されています。

このコードはフォームによって異なるので、家でネットで確認すればどちらのフォームを受けたのかがわかります。



3.なぜ、2種類以上の問題が存在するのか


これもETSが公式に発表しているわけではないので、ホントのところどうなのかは誰にもわかりません。ネット上で言われていることを総合すると今から書く2点が有力です。


傾向を判断されないようにするため。

TOEICは就職や転職などの一定の目安になっているので、信頼度は大切です。簡単に対策本で点数を上げられては困ります。傾向を変えていくにしても、いくつかのフォームを使い徐々変えていくというわけですね。




○もう一つの理由は、データを取るためです。



どの問題が正答率が低いのかを調べ、各回で難易度が大きく変わらないようにしています。


おそららく他にも理由はあると思いますが、一番はこれらの理由です。




4.点数への影響は?



これが一番気になることかもしれません。

フォームか違えば有利・不利が生じてきそうですが、フォームによって点数が出やすいということはありません。これはTOEICの特殊な採点基準によるものですが、TOEICでは各回の難易度を考慮して点数が出るので、点数には影響しません。

たとえば簡単なフォームを受験した場合、全問正解(200/200)でも満点990点が取れない可能性があります。

TOEICの配点


問題が簡単でも喜べないですね。むしろ難しい回の方が点数は上がりやすい気がします。





応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。