日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。


日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

新品価格
¥1,512から
(2014/6/16 21:02時点)





太田英基さんという方をご存知でしょうか?フィリピン留学に行ったことのある人なら知っている可能性が高いんですが、フィリピン留学を日本に流行らせた人としてとても有名な人です。現在は「Schoolwith」というフィリピン留学の口コミを学校別に知ることのできるサイトを立ち上げその代表をしている方でもあります。


1985年生まれ。東北、宮城蔵王の温泉街育ち。中央大学卒。
20歳の時にタダコピという広告サービスで起業し、
株式会社オーシャナイズに取締役として就任。

2010年、会社を退職し、
フィリピン英語留学を経て約2年間の世界一周の旅に出る。
旅の間はサムライバックパッカープロジェクトを発起。

「日本の若者のグローバル志向・海外志向の底上げ」をミッションにしながら、
海外で闘う日本のビジネスマンや現地人ビジネスマン数百名以上と出逢う。
その内容などを自身のサイトは勿論、各種ビジネス系マガジンにて連載。
旅行中にソーシャルメディアを最大限活用した旅人としても知られる。
(ex.カウチサーフィン等)

2012年7月に旅を終え、講演・執筆活動を中心に次の一手へと動き出す。
2013年4月、フィリピン留学・語学留学のクチコミ情報サイト
"SchoolWith(スクールウィズ)"を立ち上げる。
同年7月に株式会社スクールウィズを設立し、代表取締役として2度目の起業に挑む。
日本人のグローバル化と、「留学」を変えるために日々、尽力中。

特技は口笛(日本口笛コンクール本戦出場経験有)。

以上、サイトより引用 URL



多彩な経歴をもつ太田さんですが、学生時代に起業された会社を退社されたあと、2年間かけて世界を一周されています。今回執筆された本は、世界を一周する中で出会った世界で活躍する日本人について書かれている本です。

私は将来海外に出て働きたいという漠然な考えがあり、この本を手に取りました。その中で一番心に残っている言葉が「自分の人生に『世界』という選択肢を持っていますか?」という言葉。私は東南アジアにしか行ったことはありませんが、確かに外国の方と話していると常に「海外で働く」という選択肢を持っているな、と感じます。また、「日本人は英語ができないせいで損をしている。」というところにも、共感できました。一歩海外にでれば日本の製品・サービスは一流なんですよね。でも、それをアピールするための語学力に欠けているから、海外では同じように戦えないんです。

英語を学んでいく上で、目標をたてモチベーションを維持することはとても大切なことです。このブロクを見ている方のほとんどは英語に関心があり、将来海外で働きたいと考えている方も多いと思うので、今回紹介させて頂きました。現在海外で働くことを考えていない人でも、この本を読むことで人生の選択肢が増えるかもしれません。







応援クリックお願いします^^








Divergent



今回は洋書の紹介です。実はだいぶ前に読み終わっていたんですが、中々チャンスがなくUPすることができませんでした。


今回この本を紹介しようと思った理由は、近々この本が映画になるからです。

上映は3月21日。素晴らしくいい本なので、映画の方も結構期待しています。



じつはこの本は全3部で今回紹介する本だけでは完結しないんですが、聞いた話による続編もかなり人気で今後映画化される可能性が高いです。


個人的にはハリーポッター以来のヒットかなーと思っています。



Divergent (Divergent Series)

新品価格
¥990から
(2014/2/27 21:50時点)






読んだ期間:20日くらい(実質2週間)
文字数:105,143words


〜あらすじ〜

近未来の物語。この世界の人間は16歳になると、自分の所属するfaction(グループ)を選ばなければならない。それぞれのグループにはそれぞれの個性があり、性格・性質の似通った人が所属する。16歳までは自分の両親が所属するグループに身を置くことができるが、主人公のBeatriceは両親のfactionは自分には合わないのではないかと考え始める。そんな中迎えた決断のとき....しかし、そこでBeatriceは自分はいかなるグループにも属さない「Divergent」であると宣告されてしまう。





文字数的にはハリーポッターよりちょっと長めですが読みやすさではこちらの方が上です。慣れると最後の方はかなりのスピードで読めてしまいます。


自信がないという方は映画を見てから読むでもいいと思います。逆に映画を見る前に読んでみたいという人も多いのではないでしょうか。


私は本当はフィリピンでみようと思っていたんですが、思っていよりも上映が遅く日本でみることになりそうです。



内容的にも難易度的にもとてもオススメ出来る本です。

新しい洋書にチャレンジしたいという方、映画をみるつもりで英語学習にも興味があるという方、是非読んでみてください^^
















応援クリックお願いします^^








ハリーポッターと賢者の石

Harry Potter and the Sorcerer's Stone

新品価格
¥865から
(2013/12/21 10:57時点)




名前:Harry Potter and the Philosopher's Stone ‐ハリーポッターと賢者の石
語数:76,944 words
読んだ期間:20日

Kindle版はこっち↓

Harry Potter and the Sorcerer's Stone (Book 1)





ハリーポッターと賢者の石を英語版で読みました。20日間と書いてありますが、内読んでいなかった日が4日ほどあるので16〜17日くらいで読んだことになります。1日1〜2時間読んでいました。

「英語学習には多読がいい」と言われますが、読み始めた頃と最後で比べると英語の文章を読むことに抵抗がなくなり、読むスピードが上がりました。もちろん、一番大きな原因はハリーポッターの語彙に慣れたことです。一番のメリットは語彙が増えたことかもしれません。よく使われる言葉は何度も出てくるので自然に覚えられてしまいます。



今回私はKindleを使ってUS版を読みました。なんで原書のUK版にしなかったかというと、US版のほうが安かったから。笑 8巻全部そろって5,000円ほどでした。ちなみにUK版は7,000円くらいします。

The Complete Harry Potter Collection




どうせ全部読むって人は一緒に買ってしまった方がお得です。本で買った場合置き場所に困りますが、Kindleの場合それがないので便利です。



ちょっと調べていて知ったんですが、ハリーポッターを英語で読むための本があるようです。自信のない方はそこから始めてみるといいかもしれません。

「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本

新品価格
¥1,365から
(2013/12/21 11:40時点)






私のリーディングの今までの最高点は420点ですが、ハリーポッターの英文はほぼ理解できました。どれくらいでハリーポッター読めるか知りたい方は参考にしてください。ただ、私は映画を3回ほど見ているのでそれが大きいです。映画にない部分があるとは言えど、内容がわからなくなるようなことはありませんでした。


ハリーポッターシリーズは、長い洋書に初めてチャレンジするという人にはちょうどいい本だと思います。何より有名で映画になっているので、知っている人が多いから。また思っているほど語彙も難しくなかったです。迷っている人はぜひチャレンジしてみてください。




応援クリックお願いします^^








最初のペンギン


最初のペンギン ストーリーでわかる! らくらく外国語習得術

新品価格
¥1,260から
(2013/12/18 20:15時点)




名称:最初のペンギン
読んだ時間:3時間ちょっと


「最初のペンギン」という本を読んだので感想・レビューを書きたいと思います。私はこの本はある方がツイッターで紹介していて、読み始めました。私が読んだのはKindle版です。

最初のペンギン ストーリーでわかる! らくらく外国語習得術





Kindleでは実際に本で買うよりもちょっと安く買うことが出来きます。


この本は特にこれから英語学習を始めるという人にオススメの本です。どんな内容かというと「マルチリンガルからみた世界はどのようなものなのか。」「言語を学習することで得られるメリットは?」などわかりやすくまとめてあります。まとめてあるといっても、「主人公がある男性に出会い言語学習を始める」というストーリーで書かれているのですらすら読めてしまします。


簡単にですが言語の勉強方法も書いてあります。ただこの勉強方法については、言語をある程度勉強している人にとっては当たり前のことしか書いていないので、ちょっとつまらない内容かもしれません。言語ビギナー向けであることを理解してお読みください。

またこの本を読んでいて、共感できる言葉がいくつもありました。覚えているだけですが少し書いておきます。

「日本語だけでは世界の98%の情報を得られない。」

「言語は新しい正解への片道切符。一度できてしまうと、使わない毎日には戻れない。」

「言語を学習することで、アイディア力・理解力が上がる。」


まだいくつもいい言葉があったんですが、一度読んだだけなのでこれだけしか覚えていません。こういった言葉は言語を学ばなければ知ることの出来ない、言語学習の楽しさにつながることだと思います。


ビギナー向けと言いましたが、私はこの本を読んで英語に対するやる気が出てきました。もちろん元々あったんですが、改めていろんなことを再認識出来た気がします。



実は2時間くらいかけてこの本のレビュー書いてたんですが、どういったわけか消えてしまいました。泣 この記事はその後書いた記事なので疲れ果てて短くなってしまいましたが、この本の良さが伝われば幸いです。




応援クリックお願いします^^








英語多読におすすめの本



英語力(特にリーディング力)を伸ばすのには多読がいいと言われています。英語で本を読んだからといって、TOEICの点数には直結しませんが、英語学習は自分との長い戦いになるので、いかに負担なく英語学習を続けていくかはとても重要です。

読書が好きな人にとっては英語の本を読むことがそれにあたります。


しかし、いきなり洋書を読み始めるのは現実的ではないです。少なくともTOEIC900点くらいの実力がなければ洋書を楽しみながら読むのは難しいと思います。


それでも読みたいという方は洋書を読み始めてもいいと思うんですが、今回は簡単な英語(中学〜高校レベル)で英語を読みたいという方にちょうどいい本を紹介します。私も本を読むのが好きなので、ホントは洋書が読みたいんですがそんな英語力もないので、いいものがないかと探している中でこれらの本を見つけました。

オズの魔法使い (ラダーシリーズ) (洋販ラダーシリーズ) [単行本] / フランク ボーム, Lyman Frank Baum (著); IBCパブリッシング (刊)

ラダーシリーズです。

日本人の英語学習者むけに簡単な英語で書かれているので、語彙はそんなに広くありません。それにこの本はレベル分けされているので、自分のレベルに適した本を探すことができます。

私は最初にレベル1から読み始めましたが、それでも英語でかかれた本を読むのは最初は結構疲れます。自信のない方はレベル1・2から始めるといいと思います。


ピーター・パン (ラダーシリーズ) [単行本] / ジェームス・マシュー バリー (著); IBCパブリッシング (刊)

私はピーターパンを最初に読みました。知っている話だったので読みやすかったのと内容が子供向けなので話が掴みやすいです。


星の王子さま (ラダーシリーズ) (洋販ラダーシリーズ) [単行本] / サン=テグジュペリ (著); 寺沢 美紀 (翻訳); IBCパブリッシング (刊)



星の王子様です。

この本も子供向けの本ですが、大人でも考えさせられる本なのでとてもお勧めです。ただ、話の内容がちょっと難しいので、内容を知らない人には難しいと思います。これは英語力の問題ではないかもしれませんが、私は一回目に読んだときには内容がいまいち理解できませんでした。結局何が言いたいいんだろう。って状態に落ち入りました。最初は英語力が足りないせいで読めていないんだと思いましたが、もう一回読んでみて、英語力の問題ではなく読解力の問題だと気づきました。



私は気合を入れて読むと3時間程度で読めてしまします。薄い本なので、読書が苦手な人にもお勧めです。

私は今まで6冊読んでいますが、星の王子様は結構オススメです。



ぜひ読んでみてください。







このブログの記事一覧







応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。