〜フィリピン留学〜語学学校の選び方



流行って来てますね、フィリピン留学。ここ数年で留学する人の数が5倍になたっとか。今ではまだ韓国人留学生・韓国人経営の学校が多いのが現状ですが、今後日本の市場が大きくなるにつれて日本人経営・資本の語学学校が増える可能性があります。そうなるとこれからフィリピン留学の問題点がいろいろと改善されてくるかもしれません。韓国人学生にとっては問題ではなくても、日本人にとって住みづらい環境とかも普通にありえます。

今回はフィリピン留学に行くにあたりどんな観点から学校を選ぶと良いか、今までに感じた問題点などを含め紹介します。


○きつすぎる学校・コース(スパルタ)は選ばないほうがいい。

フィリピン留学には大きく分けて、2つのタイプがあります。そのうちいろいろと制限があるものを「スパルタ式」と呼びます。何がスパルタかと言うと、まずこのコースを選ぶと比較的長い授業時間義務自習が含まれたカリキュラムが自動的に用意されます。何が問題かというとまずはこの長すぎる授業時間。学校によっては1日10時間のマンツーマン授業を提供しているところもあります。でもこれは英語力の伸びを考えると異常な長さなんです!多くの日本人は「せっかくの留学の機会だしたくさん授業を取って詰め込もう!」とか思うんですが、たくさんマンツーマン授業を取れば伸びるわけでもなく、実はコツコツ宿題をやっている時間も授業時間と同じくらい大切です。10時間もマンツーマン授業をとってしまうとoutputばかりになってしまい、もともとストックのない人はほとんど伸びを感じることもないでしょう。特に英語学習を日本でほとんどしていなかった人がこんなコースを選んでしまうと苦痛でしかありません。日本ではinputばかりになりがちですが、フィリピンでは逆にoutputが多くなってしまうこともあるので気をつけましょう!個人的にはベストな授業時間は4〜6時間です。(グループクラス含め)


スパルタ式の次なる問題点。

それは、タイトな拘束時間です。スパルタ式の学校では平日の外出禁止は当たり前、学校によっては小テスト等で特定の点数が取れないと、週末も外出禁止になってしまいます。これまた英語漬けにしたいとかいう理由でスパルタ式を選ぶ人が多いですが、1週間も過ぎれば取った人のほとんどが後悔してしまいます。今までほとんど英語の勉強をしたことのない人たちに監獄のような厳しい環境で英語学習なんて無理です。スパルタ式はほとんどの韓国資本の学校で採用されていますが、これは徴兵制度のある韓国ならではの考え方で、よっぽど留学期間が短くない限り普通のタイプ(スパルタ式でない方)を選ぶことをオススメします。正直、スパルタ式でもそうでなくても結局のところ伸びしろは変わりません。むしろ、長時間の授業時間は各授業の集中力を下げるだけなので、逆効果です。それと個人的には週末くらい遊びに出かけてもいいんじゃないかなーと。多くの人が週末はどこかに出かけてますし、こういう語学学校では友達はかなり大事です。ほとんどの人が出かける中、スパルタ式の生徒だけ週末授業なんてことも十分ありえます。


○日本人が多めの学校がいい

まず、日本人スタッフがいる学校を選びましょう。日本人が多い学校にはほとんどいますが、逆に韓国人ばかりの学校にはいないこともあります。フィリピンでは環境の悪さや食べ物の変化から体調を崩すひとが多く出てきます。そんなとき頼りになるのが日本人スタッフ。英語力に自信のない人は特にトラブルを抱えている時に英語でうまく伝えられないと大変なので、必ず日本人スタッフの有無は確認しましょう!日本人が多い学校を選ぶ理由はそれだけではありません。日本人の少ない学校を選ぶ理由として一番多いのが、「授業時間以外も英語漬けになりたいから」でしょうが、韓国人生徒がいたところで英語漬けには程遠いです。英語先進国の韓国と言えど、フィリピン人先生のようにスラスラ英語の話せる人は稀なので、そういうメリットはあまり期待しない方がいいです。韓国人が多い時のメリットは海外に友達が出来ること外国人の英語に対する姿勢を知ることができることです。ですが上にあげた2つは日本人90%の語学学校であっても十分得られます。


間違っても99%韓国人の学校を選ばないようにしましょう!








応援クリックお願いします^^








2014年2月の英語学習記録



2月の学習記録の報告です。


先月はちょうどフィリピン留学が始まった月で、学習記録はほぼフィリピンでつけたものです。

学習記録はStudyPlusでつけました。


2月月別学習時間.png



2月の学習時間は108時間でした。学習時間には授業時間を含んでいます。

先月に比べたらかなり勉強できました^^この学校はマンツーマン授業しかないので、ほぼ英語で話していた時間と同じくらいだと思います。

日本で英語の授業を受けるのとフィリピンで受けるのでは吸収できるものが違います。まずマンツーマンなので受身では授業は成り立ちません。


TOEICの点数には影響しないと思いますが、とても中身の濃い充実した1ヶ月でした。



次に、今までの合計学習時間。

2月学習時間.png

実は先月で、英語学習を再開してちょうど1年経ちました。

1000時間には達しませんでしたが、学科の勉強もしていたことを考えると個人的には満足しています^^


逆にこれ以上時間をかけてしまうと、私の場合は学校との両立が難しくなったり、英語を嫌いになったりしそうです。



1年間の英語学習を振り返るとまた長くなりそうなので、また今度にします。


一言で言うと「英語学習で考え方・人との関わり方・将来やりたいことが変わった1年」でした。









応援クリックお願いします^^








第189回TOEICの申し込み



第189回TOEICの締切まであと少しです。

みなさんは申込みましたか?



TOEICの勉強してないから〜とか、もうちょっと勉強してから〜とか言うのはやめましょう!


残念ながらそういう人が一番伸びません!




私は4月のTOEIC以降はしばらく受けるつもりはないので、力を入れて勉強しようと思います。

と言ってもその前に3月が待っているわけですが。笑


正直、フィリピンに来て宿題が多すぎてTOEICの勉強をする暇がほとんど取れていません。



今いる学校はスパルタ系の学校ではないのですが、先生によって質や宿題の出し方にかなりの差があります。

スパルタ系までとは言いませんが、かなり厳しく指導してもらえているのでとても満足しています^^





といっても留学でTOEICの点数は伸びませんからね〜、今のまま行けば今回はほとんど勉強せずに望むことになりそうですが、それはそれでいいのかなとも思っています。


一番困るのはブログ上で恥を晒すことです。笑






さてさて、第189回TOEICの締め切りは、

・インターネット申し込み
 3月4日15:00まで

・コンビニ端末申し込み
 3月3日24:00まで


となっています。


院試で必要って方はおそらく最後のチャンスになると思うので、忘れず申し込みましょう!





応援クリックお願いします^^








Divergent



今回は洋書の紹介です。実はだいぶ前に読み終わっていたんですが、中々チャンスがなくUPすることができませんでした。


今回この本を紹介しようと思った理由は、近々この本が映画になるからです。

上映は3月21日。素晴らしくいい本なので、映画の方も結構期待しています。



じつはこの本は全3部で今回紹介する本だけでは完結しないんですが、聞いた話による続編もかなり人気で今後映画化される可能性が高いです。


個人的にはハリーポッター以来のヒットかなーと思っています。



Divergent (Divergent Series)

新品価格
¥990から
(2014/2/27 21:50時点)






読んだ期間:20日くらい(実質2週間)
文字数:105,143words


〜あらすじ〜

近未来の物語。この世界の人間は16歳になると、自分の所属するfaction(グループ)を選ばなければならない。それぞれのグループにはそれぞれの個性があり、性格・性質の似通った人が所属する。16歳までは自分の両親が所属するグループに身を置くことができるが、主人公のBeatriceは両親のfactionは自分には合わないのではないかと考え始める。そんな中迎えた決断のとき....しかし、そこでBeatriceは自分はいかなるグループにも属さない「Divergent」であると宣告されてしまう。





文字数的にはハリーポッターよりちょっと長めですが読みやすさではこちらの方が上です。慣れると最後の方はかなりのスピードで読めてしまいます。


自信がないという方は映画を見てから読むでもいいと思います。逆に映画を見る前に読んでみたいという人も多いのではないでしょうか。


私は本当はフィリピンでみようと思っていたんですが、思っていよりも上映が遅く日本でみることになりそうです。



内容的にも難易度的にもとてもオススメ出来る本です。

新しい洋書にチャレンジしたいという方、映画をみるつもりで英語学習にも興味があるという方、是非読んでみてください^^
















応援クリックお願いします^^








シンプルなカメラが欲しい(あるフィリピン人先生の話)



フィリピン人先生から聞いた話です。彼はマニラのあるルソン島の南にある、あるスラム街で生まれました。現在はマニラのあるスラムから片道11ペソ(25円)ほどの交通費で学校まで通っています。給料は1日たったの280ペソ(700円)ほどで月収は6500ペソ(14000円)です。彼の家庭は両親に男3人兄弟。裕福でないのに加えて、お兄さんは生まれつき心臓が弱く、幼いころから薬を買うためのお金が必要でした。両親は学校の先生でしたが、お兄さんの介護のために仕事をやめました。彼がまだ小学生の低学年だったころ、家族のために学校の休み時間に近くの路上でキャンディーを売っていたそうです。ほどんどお金にはならなかったようですが、何か家族のためにできることを探した結果、小さいことでも続けようと決めました。'better than nothing'彼が常に考えている事だそうです。小さなことでも続けていればいずれは身を結ぶと言う意味がこもっています。

その後、彼は大学受験をします。

彼は小さい頃から医者になるのが夢でした。その夢を叶えるために、フィリピン大学(日本でいう東大)を受験し見事合格します。しかし、そこには問題が。彼の住む地方はフィリピン大学から12時間。とても通える距離ではありませんでした。加えて、フィリピン大学は両親に黙って受験していました。両親の答えはもちろん'No'でした。彼も自分の家にお金が無いことは十分に分かっていたので、両親の答えを承諾し、近くの大学に進学します。トップ入学だったのでお金はかかりませんでした。しかし、彼の家はますますお金が必要で、授業の休み時間に再びキャンディーを売り続けました。そこでの収入は良くて1日10ペソ(20円)。それでは全く足りなかったので週末にお金持ちの家のクリーニングをすることで、1日100ペソ(200円)の収入を得ていました。彼は入学してから卒業するまでトップを維持し続け、奨学金を利用し全くお金がかからず卒業しました。

その後、彼は仕事を探すためにマニラにやってきます。

マニラの物価は他に比べてものすごく高いので、スラム街の小さな家を借りて職を探し始めました。フィリピンで職を得ることはとても大変なことです。彼の出た大学はフィリピン大学に負けないくらいのトップ校ですが、フィリピンで職を得るのに一番大切なのは「能力」ではなく「コネ」でした。やっとの思いで見つけた仕事は語学学校の先生でした。当時の彼の第一希望の職種でしたが、日給は500円以下。法律上はマニラの最低賃金は日給900円程度となっていますが、フィリピンでそんな法律を守っているのは、大手企業と公務員くらいです。フィリピンの法律はお金のある人は守ってくれても、お金のない人は守ってくれません。

幸い、大学でナースを専攻してたので、学校が終わったあとは病院で働くことができました。そして病院のあとはスカイプ英会話。1日の労働時間は15時間。それでやっと12,000ペソ(24,000円程度)のお金を得ていました。その中から7割のお金を家族に仕送り、その生活を3年間続けて今に至ります。

現在、彼の人生に転機が訪れています。


彼が3年間教え続けた生徒が日本でインターナショナルスクールを開くことになりました。そしてその生徒から是非採用したいとの連絡が。そのオーナーは彼の努力と人間性を買って、彼の採用を決めたそうです。日本での給料は25万円。住むところも無料で提供してもらえるので、彼にとってはとても嬉しい誘いでした。彼は今まで自分のためにお金を使ったことはないそうです。今まではすべて家族のため。日本に行けば、家族に7割仕送りしても自分で使うお金の余裕も出るでしょう。


そんな彼に「自分のために何か買いたいものある?」って質問しました。彼の答えは「シンプルなカメラ。」決して高くない安いカメラが欲しいそうです。彼の家には鏡がありませんでした。そんな余裕もありません。彼は小さい頃、自分の顔がどんな感じなのか知らずに生きていたそうです。始めて自分の顔を見たのは、友達が自分に写真を撮ってくれたとき。だから、彼にとってたとえシンプルなカメラでも大切な思い出の一つなんだそうです。


この話を聞いたとき、フィリピンがどういった国なのか改めて思い知りました。観光客レベルでは知ることの出来ない格差がまだまだあるように感じます。また、やはりフィリピン人は日本人からは想像できないほど家族思いな人が多いです。日本人にはない、また日本人が学ぶべきところをたくさん持ったフィリピン人。いつか多くの人が日本で活躍できる日がくるといいと思います。




応援クリックお願いします^^








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。